明日は富山戦

いい試合の後こそが大切。
甲府戦の歓喜はひとまず忘れて、
今季1分1敗、勝ち星がない富山との対戦に全てをぶつけなければならない。

3トップが大きく圧力をかけてくる甲府に対して、
ロングボールでうまくいなして危険な時間帯を凌ぎきったが、
富山の失点数は41と18チーム中3番目の少なさを誇る堅守が持ち味。

堅牢な富山守備陣をいかに崩すか。
パスミスなどあろうものなら富山攻撃陣の高速カウンターが襲ってくる。
前節・鳥栖戦では持ち前のハードワークで相手を大いに苦しめた富山。
草津としてはパス精度を高め、的を絞らせず、いかに流動的に動けるか。

その点では甲府戦で見せた都倉・小林の
豊富な運動量による掻き回しは有効だろうし、
これに両サイドを広く使った左右の揺さぶりが加えられれば
可能性は大きく広がるものと思われる。

甲府には勝てた。しかし富山はまるで違うチーム。
その違いに柔軟に対応できるか。
相手あってのサッカーだ。
己を貫くことも大事だが、相手を見据えた戦法をとることも重要だろう。

今季芯とすべくこだわり続けたポゼッションに、
状況に合わせた戦いの幅が持てるようになれば勝利は更に近付く。
その萌芽のようなものを見せた直後の試合である。
大いに期待して明日を待つ。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-09-22 15:54 | ザスパ草津