笑顔

家族の付き添いで病院へ。
初めての場所というのは戸惑うものだが何とかこなせた。
会計まで手続きを済ませれば、あとは院外処方。
調剤薬局で薬をもらうだけ。

その調剤薬局で応対してくれた薬剤師さんがとてもよかった。
パッと見若い感じの男性薬剤師さんだったのだが、
説明から始まって注意事項、袋詰めに至るまで終始素敵な笑顔なのだ。

病院とか薬局というのは健康に不安がある人が行く場所だし、
どっちかといえば暗い顔立ちで臨む人が多かろう。
そんな重い気分を和らげてくれる笑顔がどれほど心を軽くしてくれるか。
自ずとこちらも表情が緩む。思えば笑顔の力は凄いものだ。

人見知りな性格もあってなかなか自然に笑うのが苦手だったりするのだが、
構えることはない、自分は自分であるのだし、
自分をどんどん出していってもそれも自分以上でも以下でもない。
そのまま等身大の自分がそこに現れるだけのことだ。

だったら気楽にしていればいいのかな。
笑いたいときには笑えばよい。
笑顔で気分を害する人もいないだろうし。

考えるな。笑え。
その方が生きていて楽しいだろうな。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-09-29 21:56 | 徒然