本戦14位

上武大学ですね。
今年の箱根駅伝、14位は立派なものだと思う。




本格的な強化が始まったのはわりと最近のはず。
熾烈な予選会を突破しての2年連続出場も立派だが、
去年の21位から今年14位は素晴らしい。

こうなると次に期待したいのは
「出場」から一歩進めて「シード権獲得」に。
これも初出場の昨年がシード権まで10分21秒差だったものが、
今年は6分17秒差と確実に詰めている。
しかも最終10区では区間賞も取った。
上武大学、なかなかやるのだ。

いままでは・・・

関東学連の試合であり、全国大会ではない。
一区間の距離が約20kmと特殊である。
その割にチヤホヤされすぎじゃねーの?

・・・と、箱根に対しては斜に構えていた部分があったのだが、
地元の学校が出場し「けっこうやるんだぞ」というところを見てしまうと、

「いいね箱根駅伝!」

態度も豹変するというものだ。それでいいのだ。


そんなこんなで群馬県内で箱根駅伝の注目度は相当高かったはずである。
だから、なのだろう。

今日、チンタラ走っていたら軽ワゴン車に幅寄せされた。
危ねえな、と思う間もなくドライバーが信じられない言葉を浴びせてきた。

「上武大学の選手さんですか?」

僕は上下黒のウェアだったし、確かに上武大学駅伝のチームカラーは黒だ。
だからって10kmに1時間もかけて走っているヤツを見て

「選手かな」「声かけてみるんべえ」

と思わせ、実際に行動させてしまうのはひとえに箱根駅伝効果としか思えない。
恐るべし箱根駅伝。

しかし逆に言えば全国区で活躍しないと知名度って上がらないわな。
ザスパ草津も全国区のプロリーグに参戦しているけど「2部」。
「1部=J1」に上がってこそ初めてホントの「全国区」。

勝負は、やっぱり勝たないと・・・。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-01-06 17:33 | スポーツ