2009年 09月 18日 ( 1 )

焼き肉とバスケ

地元の焼き肉屋で「お誕生日会」。
カルビ、ハラミ、ブタ三枚肉、鶏肉、
壷カルビ、ステーキ、石焼ビビンバ、梅サワー。

これだけ全種類食べられる還暦女性だ、
母もいわゆる「一病息災」状態だが、
気を配っている分だけ健康には不安はない。喜ばしい。

糖尿病で食事制限のある父も久々の焼き肉を楽しんでいた。
ウチには弟という「焼き将軍」がいるので加減はバッチリ。
各々いちばんのタイミングで供される肉の味は最高だったようだ。

何のかんの言っても、
家族が元気でご飯がおいしく食べられる。
これ以上の幸せはないんじゃないかなあ。再確認した。
_______________________________

帰宅後、再放送されていたアフターゲームショーを弟と見る。
「運動量に乏しいし、その動きにもメッセージ性が足りないよな」
小生意気な感想をつぶやきながら草津の今季を振り返っていて思いついた。

練習にバスケを取り入れたらどうか、と。

シーズン中というよりは、キャンプ中がいいかもしれないが、
小さいコートの中を走り回りながら、
パスを出す、パスを受ける、ゴールへ向かう。
相互に連携する動きを身に付けるにはバスケはうってつけじゃないか、と。

甲府戦間近。いい試合を期待したい。
勝ちたい気持ちを動きで示せ。念じずにはいられない。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-09-18 23:30 | 徒然