J2第42節 ザスパ草津 2-0 水戸ホーリーホック

センターバックは田中出場停止で「藤井・有薗」の組み合わせ。
熊林も不在で佐藤穣が入る布陣。
固定といっていいくらいメンバーが変わらなかった今季において
ここまで思い切った入れ替えにまず驚いた。
新たに入ってきたメンバーには今季の経験が決定的に少ないわけで、
そこだけが心配だったのだが杞憂だった。
いい守備がいい攻撃を生む。いい形が歓喜を呼び込んだ。

しかし水戸は思ったよりは怖くなかった。
水戸は上位だし今季過去2戦でもきっちりやられているので
いったいどうなるかと試合に入っていったのだが、
試合開始間もなくに見せた
「ロングボール→吉原落とす→高崎シュート」のような
ダイナミックな攻撃が思ったより少ない。
パスで崩す形も案外草津守備網を崩すには至らない。
怖さがないわけではないのだが、
その怖さを身にしみて理解している草津の守備が水戸に自由を与えない。

いよいよ恐ろしい場面に陥ってもいちばん後ろには常澤がいる。
今季草津で最も成長した選手は彼だろう。
第3GKから始まって、ついに第1GKに登り詰めた。
危機的場面でのシュートストップには何度救われたことか。
まだ成長の余地は残すものの、それがむしろ頼もしい。
まだ上がり目があると考えたら将来が実に楽しみだ。

守のヒーローが常澤なら攻のヒーローは小林だ。
後半の2得点は持ち味が存分に出ていたものだ。

先制点は水戸のクリアミスから生まれたスローインから。
中へ送られたボールを小林から都倉へ繋ぎ、
松下のミドルを水戸DFとの競り合いに勝った小林が再びシュート。
いちどは水戸GKに弾かれたがもういちど冷静に蹴り込んだもの。
小林が都倉にボールを繋いだ後、
すかさず走りこみゴール前のいい位置に詰めているのが効いている。

追加点も水戸GKのゴールキックをフリーで跳ね返すことから始まった。
落下点で都倉が競り合い、こぼれたボールを展開。
後列から猛然と飛び出してきた櫻田へスルーパスが通ると中へ折り返し。
廣山のシュートがブロックされたこぼれを押し込んだのが小林だ。

位置取りの妙、いるべき場所にきちんと詰めている。
3試合4ゴールと大ブレイクしているが納得の動きが出来ている。
これからは研究されるかもしれないが、
そうなればなったで他のFWを生かす道が生まれるというもの。
このままどんどん走り続けてくれたら本当に嬉しい。

次節は三ツ沢に乗り込んで横浜FC戦。
問題はDFだ。藤井が出場停止、田中もまだ戻れない。
ただ有薗が象徴的だが新しい力、若い力の台頭が期待できるし、期待したい。
有薗が所属したU-23はかつてチャレンジャーズチームと言われていた。
挑戦者たちのチーム出身者が新たな風を吹き込んでくれた。
トップチーム全体が挑戦者となって残る9試合を駆け抜けて欲しい。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-09-27 23:30 | ザスパ草津