第10回 お遍路日記愛媛路抄録

カテゴリ違いなんですがパソ不調でカテゴリ設定が出来ません。
そういうことなのでこのままいきます。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-10-09 21:42 | Road to 愛媛陸

第9回 お遍路日記愛媛路抄録 

2006年9月8日(金)

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-09-16 23:30 | Road to 愛媛陸

第8回 「歩けますか?」 区切り打ち愛媛路①

自分のための防備録として、
あるいは歩き遍路区切り打ちに行きたい人のために、
少し書いておこうかと。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-09-12 22:00 | Road to 愛媛陸

第7回 帰りました

念願の初愛媛もたっぷり堪能し無事帰宅。
いろいろまとめて次回から頼まれてもいないけどご報告。
現在まとめの真っ最中でございます。
ああ、それにしても足の裏が痛い。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-09-12 00:23 | Road to 愛媛陸

第6回 「趣味悠々」

いよいよ明日出発。
NHK教育でも「趣味悠々」9月新開講のラインナップのなかに「お遍路」が。

遅いよー。

俺、明日出発なんだよ。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-09-07 18:51 | Road to 愛媛陸

第5回 荷造り

金曜早朝に出発。いよいよ愛媛行きは間近となった。
まさかの気管支炎も服薬の効果覿面(こうかてきめん)、咳き込みは殆どなくなった。
ということで、荷造り。
前回は全荷物が詰まったバッグが左手の小指で吊るせるくらい軽かった。
雨具なし、着替えなし、舐めていたからなあ(現地調達で済まそうと思ったから)。
今回はレプユニ、タオマフ、ポンチョなど
お遍路サイドから見れば不要なものが入っているが、それでも結構軽く収まった。
計測したら約3kg。確かに軽めかな。まずまず。
ここ1週間の気管支炎とそれに伴う体重増は計算外だったが、
(ウチにいる時間はひたすら体を休め、しかもバリバリ食べていたため)
歩いていれば体調も戻るだろう。
毎食どんぶりで3杯飯食らっていたのに体重が全く増えなかった前回の実績もある。
とにかく気管支炎が治ってくれたのがなによりもありがたい。助かった。
となると、今の心配はただひとつ。

「チケットレスチェックイン」

やっぱり紙のチケットが手元にないのは心許ない感じがしますね。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-09-06 16:21 | Road to 愛媛陸

第4回 詳細計画の骨組みを

ネタのない日は旅の計画でもしよう。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-07-31 21:10 | Road to 愛媛陸

第3回 切符が取れた

ビバ!バーゲンフェア!

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-07-07 13:16 | Road to 愛媛陸

第2回 ショートバージョンも考える

ザスパ草津を追いかけて以来、アウェイ遠征の楽しさを知った。
そんなにしょっちゅう行けるわけではないけれど、
その気になれば日本中行けるわけで、わくわくする。
今年はどこへ行こうかと考え、筆頭候補はやっぱり愛媛。
元日にすでに愛媛を志した理由はきっぱりこの2点。

歩き遍路に行きたいので四国がいい
徳島県内23ヶ寺はすでに参拝したので愛媛がいい

群馬から愛媛というのは、ふつうに考えて移動に飛行機を利用するか、
あるいは趣味的に寝台列車や夜行バスを使うような筋金入りの遠隔地である。
だから「せっかく行くのならやりたいことをやりたい」のは皆思うことだろう。
四国一周「お遍路さん」もそのためだけに時間を取れれば理想的。
でもやっぱり現実的ではない。何かのついでを最大限に活用しなければならない。
その点でも愛媛FCがJに上がってきてくれたのはありがたかった。
あとはカマタマーレ高松と高知南国FCあたりが上がってくれると
お遍路に出掛ける口実として実に好都合なのだが、今はまだ別の話。
今年は愛媛県内のお寺さんを歩きたい。
「仕事などで自由時間は取れません」ならいざ知らず、
わざわざ遠路愛媛県まで出かけておきながらお遍路が出来なかったら悔いが残る。
猛烈に悔いが残る。
だから行く。愛媛県を訪れる機会を得たらいまだ見知らぬお遍路寺を歩くのだ。

そんな熱くたぎる思いに胸を躍らせながら第1回で1週間バージョンを立案した。
結構歩けると思っていたが、冷静に考えて7連休ということになる。無謀だ。
「有給を」という考えも浮かばないではないが、
日数に限りがあるもの、盛大に使って泣きを見るのも自分自身。そういうのはイヤだ。
だから3日間バージョンというのも考えておくとしようかな。
3日間だったら、まだ現実味があるし。

とすると、1日に歩ける距離はだいたい30kmほど。
知らない道をガイドブックを頼りにルートを探しながら歩くので時間がかかるし、
もちろん9月上旬はまだまだ暑い、体力的な面も考えに入れなければ危険だ。
したがって、前回確認したうちの

第四十番観自在寺から第四十七番八坂寺まで約187.7km。
第四十五番岩屋寺から第四十七番八坂寺まで約30.6km。
40観自在寺(50.8km)41龍光寺(3.5km)42仏木寺(15km)43明石寺
43明石寺(87.8km)
45岩屋寺(11.7km)44大宝寺(18km)46浄瑠璃寺
46浄瑠璃寺(0.9km)47八坂寺(愛媛陸最寄のお寺さん)


になると思われる。試合は9月9日の19時だから、この日まる一日歩いてもいいわけだ。
9月8~10日で30km少々だから、八坂寺を通り越してもいい。
距離的には第五十二番太山寺あたりまで行けそう(約23km)。
いやあ、わくわくしてきた。
こんなブログもみつけた。「お遍路小娘」。徳島ではいちばん見かけなかった世代だw。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-03 16:32 | Road to 愛媛陸

第1回 風は「愛媛に行け」と吹いている

今年の元日付けで書いた中に「Road to 砥部」を今年の目標として掲げた。
で、先月末に日程が発表になり、アウェイ愛媛FC戦は4月29日と9月9日の2回に。

4月29日は愛媛陸での開催が決定していて予定が立てやすく、
季節としても晩春から初夏の気配のする頃、歩くには最適ではなかろうか。
ただ大問題がある。ゴールデンウィーク真っ最中。
はい。ダメ。検討の余地はない。ダメ。

では9月9日はどうか。2001年に歩き遍路・阿波シリーズを敢行したのが9月末だった。
10日間を贅沢に使って豊かな時間を過ごすことができた。素晴らしい思い出だ。
だが気候的にはハードだった。さすがに9月末だと朝方は涼しい。肌寒い日もあった。
しかしそれも日が昇るまで。日中は文字通り「灼熱」と化す。
当時はTシャツの上に白衣を羽織って歩いたが、肘から先や首筋がかなり日焼けした。
風呂に入ると沁みるので胸から上は湯に浸かれず絞ったタオルで拭うのが精一杯だった。
今年『愛媛FCvsザスパ草津』に合わせて行くならば9月上旬ということになり、
恐らく「真夏」の暑さの中を歩くことになるだろう。過酷、かもしれない。
加えて前回は台風シーズンにも関わらず、幸運にも雨に祟られることがなかった。
でも普通に考えて、時期が時期である、ナメた態度をとるわけにも行かない。
しっかり準備を整えて、現地の情報もきちんと収集し、
謙虚さと冷静さを旅の友として、極上の楽しみ「歩き遍路」を満喫せねばなるまい。

あ、かなり行く気だな。

いちおうざっと調べてみた「机上の計算」。
【9月2日(土)】
19:00[草津vs水戸@たぶん敷島]21:00[祝勝会出席]
【9月3日(日)】
前橋駅南口3:00(日本中央バス)5:40羽田7:25(全日空583便)8:55松山空港
松山空港(バスで20分)JR松山10:09(宇和海5号)11:27宇和島
宇和島駅前12:05(宇和島バス)13:24城辺営業所
第四十番・観自在寺から参拝開始。
【9月4日(月)~9月8日(金)】
ひたすら歩く。第四十番観自在寺から第四十七番八坂寺まで約187.7km。
40観自在寺(50.8km)41龍光寺(3.5km)42仏木寺(15km)43明石寺
43明石寺(87.8km)45岩屋寺(11.7km)44大宝寺(18km)46浄瑠璃寺
46浄瑠璃寺(0.9km)47八坂寺(愛媛陸最寄のお寺さん)
※前回の第一番・霊山寺から第二十三番薬王寺まで約203.6km
【9月9日(土)】
Jリーグ・ディビジョン2「愛媛FCvsザスパ草津」
たぶん19:00キックオフ 会場もおそらく愛媛陸。

「旅は計画が楽しい」とも言うしね。
「計画」「実行」「回顧」。旅は3回楽しめる。まだまだじっくり味わおう。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-02-07 16:07 | Road to 愛媛陸