エンディングノート(シネマテークたかさき)

映画ではまず泣かない。
いや、見るたび泣く映画ってあるな。
泣きたいときに見るDVDとかあるし(あるんですよ)。

正確に。「映画館では」まず泣かない。
なぜかどんな作品でも泣いた記憶はないのだが、今日は泣いた。
この作品を、涙なしに見るなんてできるのだろうか。

さっきから綴っては消し、綴っては消し、で、まとまらない。
ことばを捜しながら、胸が詰まってしまって。

シネマテークたかさきで2月3日までやってます。
ぜひ、見てください。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-25 22:46 | 映画DVD

フード・インク (シネマテーク高崎)

「農業の工業化を系統立てて丁寧に解説する」。
シネマテークの7月スケジュールにはそう解説されている。

「骨の成長と肥育速度が釣り合わず3歩も歩けない鶏」とか
「特許と訴訟で力ずくで守られる大豆」とか
「あのアメリカに屠殺場たった13箇所
 加工食肉に何かあればあっという間に蔓延も」とか
(あ、「屠殺場」って表現ではなかったな・・・)

信じがたいような話は気が滅入るほど続々と現れ、
一方で食肉とか穀物などを牛耳る「大手企業」はインタビューに一切現れず。

醜い。酷い。恐ろしい。

ただそれも経済活動の帰結であり、
購買層が何を望むかによって企業の態度も大いに変わる。
そこに、ちょっと望みがあるのかも。
(まずは「旬」を覚えることから始めようかな)

____________________________________

見終えて昼ごはんでも、と考えた。
しかし、どうしても「カフェでランチ」というのができない。やってみたいのに。
女性に多いと聞く「ひとり牛丼ってのはちょっと・・・」はこういう感覚なのかな。
思い切って入ってみればいいんだろうけども、なかなか。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-07-22 15:34 | 映画DVD

困りモノ

「包帯クラブ」をスカパー!でようやく見た。
思ったより楽しめたのだが、舞台が高崎、オール高崎ロケ作品。

よく知った土地が舞台の作品というのは、
「あ、あそこだ!」
「知ってる知ってる!」
…と映し出される場所場所がいちいち気になって気になって。

以前見た「油断大敵」も、見ていて落ち着かなかったなあ。
東京の人なんかは、こういう感覚薄いのかな。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-04-23 15:51 | 映画DVD

さよならみどりちゃん

…ふーむ。

はい。

それにしても星野真里。
もっとブレイクしていいのになあ、もったいない。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-11-28 08:43 | 映画DVD

「シムソンズ」

カーリング「チーム青森」タオルが部屋に飾ってあります。
林さんの笑顔がとても目一杯で大変好感が持てます。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-11-21 19:54 | 映画DVD