「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ザスパ草津2010( 44 )

J2第37節 横浜FC 0-1 ザスパ草津

残り限られた草津での試合を
悔いなく戦おうとしている選手がいる。

ならば応援する側もそれに応えなければ。
そう考えて久々にLフラッグを持参した。声も張り上げた。

だから選手が頑張ったと考えるほど楽天的ではないが、
必死に、泥臭く、懸命に戦うこのチームはやっぱり最高だ。

窮地に陥っても、うまくいかなくても決して諦めない。
うまくいかなかったことは再度挑めばいい。

副島監督のもと今季目指してきたサッカーを、
選手たちが勝利への執念、根性をむき出しにして具現化する。

心震わすサッカーが、今のザスパ草津はできているのだ。

残すは今季最終戦、我らがホーム正田スタで柏レイソルを迎える。
熱闘草津、最高のクライマックスになる!
[PR]

by urutimai1970 | 2010-11-29 18:07 | ザスパ草津2010

J2第36節 ザスパ草津 2-0 ジェフユナイテッド千葉

逞しくなったなあ。

帰り道、コンビニでチケット買いました。28日の三ツ沢。

あと2戦。目に焼き付ける。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-11-23 23:30 | ザスパ草津2010

J2第35節 ヴァンフォーレ甲府 2-4 ザスパ草津

J1昇格条件の3位以内を決めた甲府、柏。
J1昇格条件の3位以内に入りたい千葉、横浜FC。
今季最終盤のザスパ草津はなかなか強烈な対戦相手が並ぶ。

J1行きを決めたチームには意地を見せたい。
J1行きを目指すチームには冷や水をぶっかけてやりたい。
J2下位に沈む草津だが、その誇りをかけて戦うには最高の相手だ。

加えて来期の戦力構想の一部が「契約満了選手」として発表された。
小瀬のピッチには廣山・高田が先発し、ベンチには尾本・ソンヨン・秋葉。
さらに氏原・柴田・小林。例年にない寂しさが胸底を重苦しくする。

選手たちは、しかし、見事に戦った。「凱旋試合」の小瀬を黙らせた。
甲府ボールはハーフウェーラインを越えることもままならず、
J2屈指の破壊力を誇る甲府の攻撃を封じ込めることに成功した。

奪ったボールに何人もの選手が絡んで動き、甲府守備網に挑みかかる。
菊池の鮮やかな2ゴール、高田の見事な股抜きゴール。
明らかに浮き足立つ甲府守備陣をあざ笑うようなアレックスの4点目。

そこから目が覚めた甲府もさすがだった。
脚が止まってきた草津守備を揺さぶり2点差とした時点で残り約10分。
大いに肝を冷やしたが守り切った。2点差は今季初。4得点はJ参入後初の快勝だ。

インタビューで高田が涙を流していて・・・。
見ていて胸が詰まる。なんか、辛い。でもまだ3試合ある。
ザスパ草津2010最終章、大いなるクライマックスへの幕が開いた。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-11-20 23:30 | ザスパ草津2010

J2第33節 愛媛FC 1-0 ザスパ草津

中盤でのパスワークがあれほど乱れたら勝機は薄れる。

愛媛は草津の中盤の構成力に対して十分警戒してきたし、
草津はそれを跳ね返すには運動量も精度も欠けていた。

それでも決定機はいくつか作れたし、その意味では惜敗にも見えるが、
草津の生命線である中盤があれほど機能しなければやっぱり勝てる気はせず。
1節休み明けの愛媛相手ならなおさらだろうが、
やっぱり運動量が足りないとこうなるのかもしれない。

今季も残りわずか。疲労の蓄積も辛かろう。
でも、走りきれ!
縦横無尽の草津のサッカーをホーム・正田スタのピッチに描こう。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-11-06 19:48 | ザスパ草津2010

J2第31節 ザスパ草津 0-0 水戸ホーリーホック

しかしまあフラストレーションの溜まる試合だった。

36分。水戸・村田選手が2枚目のイエローカードで退場。
「11対10」の数的有利な状況に。

84分。水戸・大和田選手が2枚目のイエローカードで退場。
「11対9」と数的な有利さは更に拡大した。

シュート数も前半【草津9:5水戸】から後半【草津17:4水戸】へ。
26本のシュートを浴びせた試合なんて初めてか。

それでも1点奪うことは叶わず。
ゴール前の迫力不足は全く変わらなかった。

ペナルティエリア前まではボールを運べる。
仕掛けてエリアすぐ外でフリーキックも複数得ることもできた。

しかしそこからエリア内に、得点に至る方策が貧弱だ。
数的不利な水戸がエリア内を固めてくるのは当然。そこを突き崩す策がない。

もっとも仕掛けの段階でも息の合わない場面も散見した。
スペースを突くパスに走れないシーンも多く、バックスタンドが溜め息に揺れた。

1点を奪い切る攻撃の構築、イメージの共有。
結局は練習しかないのかもしれない。

______________________________

それと気になったシーン。選手交代の場面。

 「第4審判が交代選手の番号をボードで示す」
⇒「その番号の選手はピッチ内にいない」
⇒「第4審判、ボードの数字を修正し始める」
⇒「延々と修正に時間がかかる」
⇒「主審、選手交代を認めず試合再開」
⇒「この件に関して猛抗議した水戸・木澤コーチが退席処分」

審判側の手違いが原因でこんなことがあってはならない。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-10-25 09:15 | ザスパ草津2010

J2第30節 アビスパ福岡 2-1 ザスパ草津

主審がPKではないと判定したのだからPKではないのでしょう。
主審がPKだというのだからPKなのでしょう。

見応えのあるいい試合、なんて割り切れるか!

・・・言葉が少々乱れたが、勝てた試合だったような。

ゴールに迫る得点機に意外性をあとひとつまみ加えられたら。
チャンスをゴールに繋げるひと工夫ができたら。

課題は相変わらず、か。

それにしても尾本。
せっかくの彼の得点試合だったのだ。
勝ちたかった。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-10-17 20:54 | ザスパ草津2010

メインスタンドに旨いものあり

今季も残り9試合。
ホームは…4試合だけ。少なくなってきた。

で、記しておきたい。
メインスタンドに旨いものがある、と。

2ゲートからメインスタンドに上がって左へ向かう。
やや奥まった辺りに「モミリーウィッチ」のお店がある。
ここのチーズケーキとクレープが絶品なのだ。

チーズケーキは濃さ、甘さが絶妙で食べるたびに笑顔になれるし、
クレープは種類がじつに豊富で、
手にしたときの重量感が幸せな気分を運んでくれる。

なのに、空いている。
場所が悪いというのもあるが、
みんな「モミリーウィッチ」の実力を知らないんじゃないか。

ぜひいちど、試して欲しい。

僕はバックスタンド北側で試合を見るが、
メインスタンドに、モミリーウィッチに気軽に行ける
正田スタの「再入場可能」という特典はありがたい。
たぶんJ2屈指のグルメ満喫にも最適なこの特典を
もっと積極的に生かしてみてはいかがだろうか。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-10-15 19:46 | ザスパ草津2010

J2第28節 ザスパ草津 0-2 サガン鳥栖

得点力。決定力。
オウンゴールで失点したものの、取り返すチャンスは作れていた。

だから得点力、決定力。

もうひと息のところまではできている。
いかにあと一息、あと一歩を突き詰めていけるか。

悔しい敗戦ながら、そう悲観するような内容ではなかったと思う。
オウンゴールの場面だって、ミスはすぐに修正できるもの。

1点を奪って流れを掴む。
そういうチカラが、今は何より必要だ。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-09-27 14:47 | ザスパ草津2010

J2第27節 ギラヴァンツ北九州 0-1 ザスパ草津

あれだけ攻め立てても、1-0。
しかも北九州のオウンゴール。

ペナルティエリアまでは快調に運ぶ。
そこから先、相手のゴールネットをいかに揺らすか。
この点で今日の試合ほどイライラし、ハラハラした試合もなかった。

今日もシュートは14本。いやはや撃った撃った。
でも、枠に飛んだシュートは何本あったのだろうか。

優位に試合を運んでも、1-0は怖い。1点差は怖い。
追加点を挙げて「仕留める」「とどめを刺す」凄みが欲しいものだ。


・・・ああ、勝ててよかった。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-09-23 21:53 | ザスパ草津2010

J2第26節 ザスパ草津 2-1 FC岐阜

ほぼ1分間で2得点。
そんな離れ業ができるんだねえ。痛快。
1点リードに安心してお風呂に入りに行った岐阜サポの方がいたらご愁傷様でした。

ただ最終ラインからのボール回し。
ビルドアップの始点であるところが
相手のボール奪取の狙いどころになっているのはいただけない。

中盤から嫌な形でボールを奪われてカウンターの雨あられ。
今回はGK常澤の神憑りセーブ連発で1失点で収まったが、
一向に改善の兆しが見られないのはまずい。

しかし勝てたのが何よりの薬になるはず。
アウェイ北九州、ホーム鳥栖と続く9月戦。
もっともっと前進!こんなところで終われない。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-09-21 00:23 | ザスパ草津2010