<   2005年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

いまや希少種?

で、昨日は越谷まで「浦和女vs高槻」を見に行ったわけだが、
国道チンタラ、途中から熊谷バイパス利用したら2時間半で神流川を渡れた。
時あたかも夕飯時。「じゃあラーメンでも」ということで『らぁめん味蔵』へ向かった。
メニューを眺めると「タンメン」の文字が躍っている!
即タンメン決定。注文を取りに来た「大筋ではソニン似」の女の子にオーダー。
ウキウキしながら待つ幸せ♪タンメンなんて見つけたの何時以来なんだろう。

幼い頃、ラーメンといえばまず「味噌」「しょうゆ」であり続いて「塩」。
メニューを読めば「僕は味噌味です」「あたしはしょうゆ味よ」「塩味で頑張ってます」と
ラーメン側から熱烈アピールしてくれるラインナップがメニュー一覧に並ぶ中にひっそりと
「…タンメンです。注文してみないと味はわからんとです」
と、今でいうならばヒロシ風の、ちょっと斜に構えた「タンメン」の文字が、
やっとひとりでラーメン1杯食べられるようになった頃の僕の心をドキュンと撃ち抜いた。
ワクワクしながら出された丼を覗き込めば、白いスープにどっさり炒め野菜が山をなす。
「ちょっと違うぞ…」と口に運べば塩味に炒め野菜からの甘味が加わって最高にうまい。
以来ラーメン屋におけるファーストオーダーは常に「タンメン」で固定され、
食後自販機でダイドーのカフェオレを買うのが小学生時分の「外食」のパターンになった。

かつて「溺愛した」といってもいいタンメンが知らぬ間にメニューから姿を消した。
恐らく野菜の値段が高騰した時に各ラーメン店の判断でメニューから消され、
そのままになっているうちに「トンコツでごわす」「家系ラーメン上陸~」「ダブルスープ☆」
などなどラーメンの多種多様化が光の速さで進んでしまい、
タンメン再登場の機会はつとに遠ざかっていったのではないかと想像してみるが、さて。
(僕が単純に「タンメン」の文字を見落としていた可能性はある。大いにある)
そんな思い入れ深いタンメンが「らぁめん味蔵」ではきちんと供されている。
丼を覗き込めば、あの日見たタンメンと同じく白いスープに炒め野菜が山をなす。
基本的に塩味、加えて炒め野菜の甘味。懐かしい。
そして幼い頃は気持ち悪くてなかなか食べることができなかった
「黒いヒラヒラ」キクラゲのコリコリが心地よい。
単にタンメンの出されている店に出くわさなかっただけで、
今も普通にあちこちで「タンメン」は主力メニューとして供されているのかもしれないが、
超がつくほど久々に口にしたタンメンは「郷愁」という隠し味が効いていておいしかった。
タンメンバンザイ!
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-31 16:00 | 徒然

L1第20節 浦和女 5-2 スペランツァFC高槻

ああ、このままずっと見ていたい。試合終了のホイッスルが鳴らなければいいのに。
後半が始まってからは、ずっとそんなことをぼんやり思っていた。
11月3日に最終節を残しているけれどリーグ戦会場に足を運べるのは今日がラスト。
少し感傷的な気分もあったのかもしれない。

しらこばと運動公園に着いたのが11時過ぎ頃。
早すぎるほど早く着いたのでイベントがあるらしい水上公園の方へ行ってみる。
やっていたのはフリーマーケット。
ほとんどが幼児・子供服を扱っていて掘り出し物は見当たらず。
ボーっと立ってたら3歳くらいの女の子に上着の裾を引っ張られ連行されかける。
お父ちゃんと間違ったのだろうが、そういう風に見えるのねとしみじみ。

それでもまあせっかく来たので場内をひとまわりブラブラし昼飯を調達。
弟はオムハヤシ、僕はインド風チキンカレー。
会場外のベンチで食べるとカレーは甘口とはいえなかなかの味。
これにその場で焼いてくれたナンが実によく合う。
焼き目はパリパリ、でも食感はモチモチ、そこへ香ばしさも加わって絶品。
オムハヤシもハヤシ二段がけの丁寧さ、しかも大盛りを頼んだらまさに大盛り。
スチロールの深鉢に目一杯、大食漢でならす弟が満腹したのだから相当だ。
味見させてもらうとトマトのような酸味が絶妙で、これなら食べちゃうな、と納得。

早くもいい気持ちになって競技場内へ。
バックスタンドの芝生席は傾斜が緩く高さもない、敷島のゴール裏のような感じ。
そのバックスタンド浦和女側ゴール脇には声出しサポが今日も大挙して頼もしく陣取る。
そこからずうっと高槻側へ向けて浦女レッドゾーンがベルト状をなして延々と続き、
その片隅に2名(もっといたかも)の高槻声出しサポが頑張って陣取っていた。
青いレプリカに身を包み、試合中を通じてコールやチャントは途切れない。
僕らの後ろに座っていた赤い服のお客さん(レッズサポか否かは不明)は
高槻のコールやチャントを聞いてはその都度腐していたけれど、
所謂声出しは、気持ちさえあればできるというものではない。意外と「根性」が要るものだ。
そもそもここは浦和のホームだ。そこまで「高槻」から遠征してきているわけである。
「熱さ」「根性」と「行動力」。青いレプリカの彼らの姿はとても素敵に見えた。
そしてそういうサポは浦和女にもいる。
ホームに限らずチームとともに各地へ足を運び、声を嗄らした者がいる。
この1年のリーグ戦は11月3日で区切りを迎えるが、
彼らの奮闘もチームの姿とともに記憶すべきものであることは間違いないだろう。

試合を少しだけ。
とにかくスコア的には景気のいい勝ち方で連勝を決め、
最終節ベレーザ戦を迎えられるのはいいことだと思う。
ただし高槻から喫した2失点はどうかなあ、と。
コーナーキックからの波状攻撃を抑えきれなかった1失点目。
右サイドを速さで切り裂かれた2失点目。
全体でいえば高槻からはそれほどの脅威を感じなかったけれど、
特に前半初め頃はジャックナイフ的速攻の芽が出そうな場面が結構あった。
ベレーザは、そういう甘さを決して見逃さないはず。心してかかるべきかと。
無敗優勝阻止へ。持てるものを出し切れれば、それは達成可能だと思う。
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-30 23:30 | 浦和レッズレディース

ああアタマ痛い/煙草の煙は嫌い

どうしてこう、選手交代がおかしいのかなあ。
試合終了間際になって御給投入?遅いよ!
御給で交代は二人目。交替カードを余らす意味は何だ?
録画放送を早く見たい。どういう流れだったのか早いこと確かめたい。
ああ、アタマ痛い。


煙草の(煙草の)煙は(煙は)嫌い(嫌い)
煙草の煙は 嫌い
あの雲のようにどこかへ消えた
浮気なあなたを思い出させるの
みんな煙のようにいつか消えてくものね
幸せなんて

いい歌なんだけどなあ。クレオとパトラ「煙草の煙は嫌い」。
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-29 16:07 | ザスパ草津

やっちまったー!再び

「オーレ!ザスパDX」録音ミスったー!
ラジオ録音専用に使ってるMDが容量一杯だったのをチェックし忘れた故の大失敗。
今日の放送はMF櫻田和樹。聞きたかった…。
これで録音ミスによる聴取失敗は3回目だが縁起はいいんだ。

☆1回目:8月12日放送分(佐田聡太郎の回)
   →8月13日vs水戸[△1-1]1点ビハインドを佐藤正美のゴールで追いつく。

☆2回目:9月2日放送分(岩丸史也の回)
   →9月4日vs徳島[○1-0]御給ヘッド炸裂。徳島にシュートの雨を降らして圧勝。

負けたことないんですよ。2戦・1勝1分、勝ち点4!いい具合だ。
(「わざと聞かない」という選択肢もあるけど余りにも悔しいので試したことない)
明日は今季2勝1敗のヴォルティス徳島が相手。
昨年JFLでの大塚製薬時代を含めても3勝2敗で、お互いに「ホーム不敗神話」続行中。

…そろそろ「お得意さん」、一軒くらい、ねえ?
明日はどんな布陣で臨むのかも含め非常に楽しみです。
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-28 20:00 | ザスパ草津

咲くのか?

b0014969_13255843.jpg

我が家のアロエが咲きそうです。
当地に越してきて20年。母曰く「たぶん2回目」の開花が間近、なのか?
これって花なのか?でっかいアスパラガスにしか見えないぞ?
それよりなにより本当に咲くの?アロエって花咲くの?興味津々。

イタリアンのみかづき
へぎそば 利休庵
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-27 20:19 | 徒然

オフは2ヶ月か

プロ野球日本シリーズも佳境に。
千葉ロッテの快進撃が物凄いことになっているが、それも今月中に終わる。
11月から3月末までおよそ5ヶ月がオフシーズンとなり来期に備える時間に充てられる。
振り返ってサッカーはといえば、Jの開幕は3月初め。
終わりは天皇杯の勝ち上がりによって変わるが最長でも元日の決勝まで。
ここまで歩を進めた場合オフはわずかに2ヶ月しかない。
早々に天皇杯を終えてしまったクラブならリーグの終了とともにシーズンも終わるが
それでもオフはおよそ3ヶ月。サッカーの過酷さをこんなところでも感じる。

で、さっきまでNHK-FMで「アジアポップスウインド」を聞いていた。
今日は『トルコのクラブミュージック』という、この番組ならではのマニアックな特集だった。
アジア諸地域のありとあらゆる音楽を聞かせてくれる、じつに貴重なこの番組の
最もいけないところは、聞いているうちにどうにもこうにも海外に行きたくなるところだ。
実際、今トルコに行きたくなってる自分がここにいる
ドンドルマ食べたりラッシー飲んだり、カッパドキア見に行ったり絨毯屋を冷やかしたり・・・。
楽しいだろうなあ。
でもまあトルコだ。ちと遠いし、一歩間違うとツアー料金だけで30万コース。旅費もかさむ。
ならば、と思いつくのはやっぱり東・東南のアジア諸国だな。
タイ・ベトナム・ミャンマー・中国・香港・韓国!
どこもかしこも行ってみたいし、勢い余ってひとりで出かけたこともある。
でも、ひとり旅は辛いんですよね、食事が寂しくて。
それに韓国(ひとり旅の行き先はここだった)の場合、食事での難問がもうひとつある。
一人前の量が半端でなく多い!基本的に山盛りもしくはおかわりOK!
だからひとりでご飯を食べに行くといろいろなものを食べるというのは不可能なんですな。
(ひとつ種類で満腹になってしまうので)
そういう意味ではグループ旅行向きなのかな、韓国は。
・・・書いてるうちに行きたくなってきたなあ。韓国も。
となると、Jのオフは1月から2月だから、これもまた半端でない厳寒期にぶっつくんだな。
厳寒期上等!半端でない食事量上等!ついでに辛いもの上等!
そんな連れを探すのは・・・無理だろうなあ。
誰かいないかなあ。
寒いのOK!鋼の胃袋所持!辛ければ辛いほどおいしい!
そういう人、申し出てください。
(高崎のエンゲル君、いかが?(笑))
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-26 11:35 | 徒然

☆第8回☆ 季節は流れてる

そうですか。これが納豆占いですか。
で、僕の占い結果の五斗納豆は初耳。米沢地方の郷土色とか。喰ってみたい。

一昨日L1「浦和女vs岡山湯郷」戦を見に行ったときのこと。
小用を足そうと入った大宮LOFT1階の売り場のみなさんがこぞって「魔女帽子」着用。
フロアのあちこちに赤いカボチャのオブジェが飾られており気分は嫌でもハロウィーン。
でもさ。日本において「ハロウィーン」ってそんなに定着してるかぁ?
あれって子供が近所の家々を練り歩いて「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!」
ってな感じで、世間に認められて物乞いできるという、そんな日なんじゃないの?違うの?
どうにも承服しかねるハロウィンだがLOFTの店員が節分に赤鬼の格好してたら許す。

さて久し振りに自転車に乗れた。
いつ以来かと思えば今月1日以来だから3週間ぶりか。ちょっとひどいな。
休み毎に雨に降られたり、やっと晴れたかと思えば風邪をひいたり散々だった10月。
とりあえず復帰戦ということでコースはいつもの敷島往復にする。
着るものが難しいな、と思ったのでとりあえずネルシャツにジーンズで。
走ってみるとすれ違うサイクリストたちも長袖あり半袖あり、ロングタイツありスパッツあり。
もうバラバラだったけどやはり涼しいので温かい支度で、暑ければ脱ぐが正解なのかな。
岩倉橋から眺める対岸の、新玉村ゴルフ場あたりの木々も色付き始め、
見上げれば空あくまでも高く、ハケでサッと刷いたような薄雲も秋らしさを感じさてくれる。
でも、久々に走った体感的実感としては「冬なんじゃねえか?実は今」
風が強くて強くて。五料橋手前までは追い風だったのに
進路を利根川沿いに取り始めた途端に全くもって向かい風に体当たり。
まあ風が強いのは川沿いだけだし本格的な冬でもないので、
呼吸は普通にできるものの、やっぱり太腿にかかる負担は厳しいものがあった。
休み明けにこの負荷のかかり方はハード極まる!かなわん!
それでも一応前橋往復コースをなんとなく漕ぎ切れたのは、ま、よかったのかな。
あまり間隔を開けないようにしなくちゃいかんね。まったくまったく。

【神流川橋西詰(烏川・神流川CR)岩倉橋(県央自転車道)前商野球練習場前:往復】
本日の走行距離:61.32km
(累積走行距離:598.33km/11回)
本日の走行時間:1時間29分42秒(帰路のみ)
本日の平均時速:20.4km/h(帰路のみ)
本日の瞬間最大:35.0km/h(帰路のみ)
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-25 22:23 | 自転車

ディープインパクト三冠達成

強かったですね。
スタートから1000mも折り合いを欠くと、
そのロスが体力の消耗を招いて大概は勝負にならずに終わるものだ。
ところが武豊騎手苦心のコミュニケーションがディープインパクトに落ち着きをもたらす。
2周目第2コーナーを過ぎる頃にはすっかり折り合って何事もなかったかのよう。
あとはいつもの強さを発揮しただけ。次元の違う末脚が全てを決めた。

ただ、ねえ。

三冠三冠、それも無敗で負けなしで、と騒いじゃいるけどさ。
「無敗の三冠馬」はシンボリルドルフという前例があるんですよ。
誰もたどり着けなかった地平へ踏み入れて見せたからこそ「皇帝」なのだ。
その意味においてディープインパクトが「英雄」になるとするならば今後負けないことだ。
言い訳せずに生涯無敗で競走生活を全うして見せることだ。
過去の三冠馬に現役を生涯無敗で終えた馬はいない。
挑めディープインパクト。これは壮大なる歴史を作る資格を得た者の特権だ。
生涯無敗を本当に成し遂げたとき、彼は真の英雄になるだろう。

シンボリルドルフで競馬を見始めた身としては素直に凄え凄えとは言いにくいんだよ(笑)。
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-24 23:30 | 競馬

L1第19節 浦和女 2-0 岡山湯郷ベル

木原が怪我をしたと聞いていて、どうなのかなと思ったらピッチ練習に姿が見えた。
先発ではなかったものの要するに90分フルではちょっと、といった感じなのか。
その木原、後半にピッチに登場する。そしてその存在感を存分に示すことになる。

大宮神社の参道は晴れ着姿の子供でビッシリ。
もちろんその周りを家族が取り囲み、その顔は一様に嬉しそう。
七五三。千歳飴を売る露店も。他にもたこ焼き、チョコバナナ、今川焼きなどなど。
いつものように氷川だんごをぶら下げていたのだが、これならこっちででもよかったかな。
幸せそうな様子は見ている側もホクホクさせてくれる。いいものだ。

前半は0-0。両者とも今ひとつ。
浦和女は安藤や高橋彩を中心に若林、保坂、北本に加えて法師人らが
盛んに攻め立てるもののフィニッシュに鋭さを加えることが出来ず攻めあぐね。
ただし主導権は握っており、山郷のコーチングも冴えわたり特に不安は感じない。
湯郷ベルにしても攻守にわたる宮間頼りの傾向は以前より顕著に見えた。
最前線から最終ラインまで顔を出す宮間さえケアできれば湯郷の破壊力は半減する。
宮間+「α」の模索は続いているのだろうが効果的な策を見出すに至っていない感じ。

後半も少し窮屈な感じがあったが安藤のゴールで均衡が破れた。
このとき中へ向かう安藤に対して外に開く選手の姿があった(山本?)。
うまく湯郷DFを釣り出してシュートコースを広げた動きは素晴らしいアシストになった。
そして遂に木原がピッチに立つ。いつも先発で、それを当たり前に見ていたが、
途中出場で見てみると彼女が浦和女にいることの大切さを痛感する。
とにかく周りが良く見えている。思い切りよく駆け上がり危機と見ればいち早く顔を出す。
トラップが正確で確実なキープが出来るため、流れにタメを作ることもできる。
つくづくポテンシャルが高い。サッカー鑑賞眼があひゃひゃひゃひゃな僕でもわかる。
安達太良SAで後ろに並んでた小柄な彼女の凄みを存分に堪能することができた。
(背中を転がすような「あらっ?」的スルーもご愛嬌?w)
北本のスピードと豪快さが存分に発揮された痛快なゴールで追加点。で、2-0快勝。
久々に勝ち試合を見たな、と思ったら7月10日埼スタ第2の湯郷戦以来。
今季9勝目だが優勝の可能性はずいぶん前に消えている。
残り2戦は暮れの選手権を睨んで戦う形になると思われる。
元日の悔しさを晴らす機会はある。そこへ向けて全てをぶつけて欲しい。
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-23 23:30 | 浦和レッズレディース

J2第37節 ザスパ草津 0-0 湘南ベルマーレ

結局起きたら午後の2時ということで「FCホリコシvs三菱水島FC」は断念。
豪華ダブルヘッダーの夢は潰えたが、
三菱水島FCの、昨年ザスパにいた加藤選手のプレーは、ちょっと見たかったかな。
今でもサッカーを見る目はあひゃひゃひゃひゃ程度だが、
昨年はもっとあひゃひゃひゃひゃひゃ状態だったので加藤選手のプレーが思い出せない。
だから、今になって、ちょっと悔まれる。むー。
____________________________________

ぐんパラ。にぎやかでしたなあ。まさに縁日の賑わいで、ああいうのは大好き。
敷島入りしたらちょうどファッションショーのステージが始まり、
着物姿の女性がしゃなりしゃなりと登場するところ。着物もいいもんだなあ。
(後日、オダジとごきゅーがモデルとして出演してたと聞く。見たかった!
いつものメンツと落ち合って露店を練り歩き「きょうの勝負ご飯」を調達。
サッカーボールカレーとお好み焼き。
エビ入り焼きそばもと思ったが、Fゾーンで跳ねるには支障を来たすのが心配で断念。
でもカレーはなかなか美味しかった。意外にもご飯が想像以上によかった。
露店で食べるカレーとしたら相当にいい線いってたな。
ただ以前聞いた「肉団子にシャリシャリ触感」はわからず。
タケノコかな、と思っていたが確認できず。そこが少し残念かな。
お好み焼きもソースたっぷりマヨネーズたっぷり。腹にたまる感じがとてもいい(笑)。
わしわしと掻きこみながらSゾーンでFから聞こえる試合前のコールなどを確かめる。
悪くなかったです。思った以上に声出ているんですね。嬉しくなってSを撤退、Fへ移動。
そのままSゾーンでじっくり試合を見る手もあったけど、
ダメだ、やっぱりアレを聞いちゃったらゴール裏に行きたくなってしまった(笑)。
____________________________________

さて、この「0-0」をどう見るか。
新しい顔がたくさん入ったことで考えれば、手応えのようなものは確かにあったと思う。
櫻田の左足は結構な武器になりそうで今後も続けて見てみたい。
フル出場は初めてとなった杉山も頑張ってたし、樋口も意欲は感じられた。
ピッチに立つザスパ草津のメンバーの平均年齢はグンと下がり、
若々しさに溢れるメンバーは若々しいゲームを見せてくれた。
前半のプレスのかかり方は素晴らしいものがあったし、ゴールへ向かう迫力もあった。
それだけに後半が少し期待ハズレだったのだけど、
そこは山口や鳥さんの投入で流れを活性化すればよく、かなり戦える気配がしていた。
でもいなかったわけですね、山口も鳥さんも。ベンチにすら入らず。
手塚監督も相当に思い切ったが、ここまで極端なのをどう捕らえればいいのか。
純粋に勝利を渇望した結果なのか、来期睨みなのか(これは監督は否定してたが)。
今季まだ7試合ある。このあたりを特に気をつけて見て行きたいと思う。

おしまいに今季「草津vs湘南」のまとめを数字で。
【得点】        【シュート】       【CK】         【FK】
①草津1-1湘南  草津15- 7湘南  草津 5- 3湘南  草津22-17湘南
②草津1-0湘南  草津 8- 6湘南  草津 5- 4湘南  草津29-14湘南
③草津0-1湘南  草津12-11湘南  草津 6-10湘南  草津17-19湘南
④草津0-0湘南  草津 5- 6湘南  草津 6- 4湘南  草津21-25湘南

計草津2-2湘南  草津40-30湘南  草津22-21湘南  草津89-75湘南

つくづく、互角に見えますね。
[PR]

by urutimai1970 | 2005-10-22 23:30 | ザスパ草津