「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧

明日はモンテディオ山形戦!

山形が現在最下位?関係ない。
去年の対戦成績はザスパの2分2敗。
そして何よりもザスパ草津のJリーグデビュー戦、0-3で木っ端微塵にやられてる。
心してかからねばならぬが、これはどこと対戦するときでも一緒だろう。
今朝の上毛新聞にはある意味吉報も掲載されていたが、
今はただザスパ草津の勝利を祈ろう。
ここ3戦連敗中だが手応えが得られなかったわけではないのだから。
できることを研ぎ澄まし足りなかったものを補う。
その努力はたゆまなく続いていると聞く。僕は信じて応援する。声をあげて。

だから、とにかく、風よ止んでくれ。(明日は穏やからしいけど)

それでなくても「敷島の芝」だ。いいコンディションで戦いたいぞなもし。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-31 16:03 | ザスパ草津

「なるトモ」関東での放送を終了

ビデオ撮りましたとも(すぐ消すと思うけど)。
関西制作の番組はわりと好きだったんだけど、
「なるトモ」もかなり好きな番組だったので関東ネットが終了するのは極めて残念。
たとえば『●●●●が結婚!』といった典型的な芸能ネタを扱っても、
関東のワイドショーが結婚の詳細について意味がないほど事細かに報じたがるのに対し、
「なるトモ」では結婚自体にはサラリと触れるに留め、
話のキッカケ、フリにして出演者たちが自在なフリートークを展開していく。
このダイナミズムがたまらなく好きだったんだよなあ。
関西地区での放送はまだまだ続くようで素晴らしいことだが、
もう見られないのね、関東ネットは二度とないんだろうなあ。残念。
メッセンジャー黒田・母の「牛乳パックで何でも作る」とか見たかった。
芸人に疎い僕がブラックマヨネーズやアジアンを知ったのも「なるトモ」だった。
ああ、「なるトモ」視聴エリアに引っ越したい。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-31 16:02 | 徒然

日本vsエクアドル

地上波。
今日のTBSに限らないがリプレー多過ぎ。
野球みたいにプレーが止まるわけじゃないのに。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-30 21:09

ハヤシライス

ハヤシライスがしみじみうまい…。
おかげで「一膳飯キャンペーン」2日目で挫折。
あと2kg落とそうと思ってたのに。
とはいえ2kgくらいならすぐ落とせる(はず)。
「ちょっと無理、そんなに痩せられない」レベルまで増量してしまうとひどいからなあ。
(そういう太り方した時に痛い目にあった)
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-29 20:41 | 徒然

「仰げば尊し」

僕の中のテリー伊藤観が、変わった。
ガラリと、変わった。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-29 08:21

目下の悩み

部屋に山積みの雑誌が捨てられない。
優駿、Furlong、テシオ、旅行人、サッカーダイジェスト、SCREEN、Number…。
今も購読してるのはサカダイとNumberくらいなんだけど。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-28 16:42 | 徒然

うまかった

昨日の「鳥栖vs草津」試合終了後、ザスパマインドに火が着いた弟に急かされて吉岡へ。
今年決起集会をやったカインズの前橋吉岡店へLフラッグを買いに行った。
21日の徳島戦のとき敷島でも売ってなかったくらいだから期待もホドホドだったが
あっさり買えた。レプリカも3Lを除いて全て揃ってた。とっとと3Lの店頭売り始めろよ!
帰路、前橋松並木近くの石焼きラーメン火山で夕飯。
カンカンに焼かれた石鍋にラーメン&炒め野菜。
食卓に運んでからここにスープを注ぐ。即沸騰。
ハフハフ言いながら口に運べば野菜の甘さが存分に引き出されて実にうまい。
シメにおじや。けっこう満腹するし温まる。また行こう。

それにしてもこの店も栃木かな(沸騰ハネ避けに配られた紙の文句が栃木弁ぽい)。
お品書きに「宮っ子餃子」なんてあったから、多分、栃木発祥だろうな(自信なし)。
西那須野で食べた「エビ出汁ラーメン&岩塩で食べる肉餃子」も特筆モノだったし、
「栃木=しもつかれ」で語ってはいかんな、食文化。(まとめきれなかった…)
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-27 14:49 | 徒然

J2第5節 サガン鳥栖 2-1 ザスパ草津

勉強、勉強。J’s GOALの植木監督のコメントを読む。

「前半は凌いで入る計算だったが、早い時間で失点してしまったことが問題。」
8分でした。左サイドをぐいぐい突破されての失点。
白いユニフォームのDFがひとり倒されふたり倒され。ぐうの音も出ない崩され方。

「前半に追いつけたまでは良かったが・・・。」
30分の高田選手のゴール。
今まで「先制されたらグズグズ」がほとんどだったことを思えば嬉しい嬉しい。

「島田と山崎をトップ下、中井をボランチにおいて、」
    高田   吉本
  島田       山崎
佐田          後藤
       中井
尾本    田中   斎藤
       高木            …こういう布陣かな。

「前節・前々節からの課題だったセンターラインが修正できていた。」
ボランチ2枚が両者とも攻め上がってしまうとか、
島田にマークが集中したときの対処策がなかったとか、
そういうあたりを言っているのでしょうか。たしかにその辺りはよかった気がします。

「今日は敢えてDFラインを下げて戦った。」
これはどういう狙いがあったのでしょうか。
鳥栖攻撃陣を敢えて自陣に呼び込むこむことで
逆襲時に大きなスペースを作りたかった、のかなあ。
今日の試合では(「…でも」?)中盤でのミスが多く、
そこを目ざとく突かれていくつも危機を招いていたように見えました。
また最終ラインを深く設定するということは相手ゴールまでの距離が遠くなるということ。
ロングボールを蹴るにしろ、パスで繋いでいくにしろ、その正確さが重要になるかと。
その点で今のザスパにはやや苦しかったのかなあ、そんな気がしました。
また高田や島田がキープしたところを
ライトブルーの選手が3人がかりで囲い込む場面がしばしば見られました。
なぜ誰かフォローに行かないのか、声を掛けてあげないのか。
せめて声は『テレビ中継だったからマイクが拾わなかっただけ』だったらいいのですが。

「チームは成長している」
再三危機を招いたりはしていましたが、守備陣は結構頑張ってた気はします。
不可解なPKを2本取られましたが、うち1本は高木様が止めて下さいましたし、
斎藤選手が取られたファウルは、ありゃPKじゃねえよ
攻撃でも吉本選手のファーストシュートや
後半の後藤涼選手→太田選手ヘッドのような素晴らしい形ができてもいました。

あとは決めるだけ!
今季敷島ではザスパのゴールがいまだ生まれておりません。
そろそろ頼む!お願いします!
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-26 23:30 | ザスパ草津

梅日記

コンタクトレンズ初回処方分がなくなるため目医者に行く。
ザスパ草津のオフィシャルメディカル・フィットネスパートナーである、あの目医者だ。
ノン予約デーの土曜日、9時診療開始のところ10時過ぎに受付へ。

①『前回処方のコンタクトが終わるんでまた処方してもらいに来た』と告げる。
②「しばし待たれよ」とのこと、持参の文庫を王様のブランチをBGMに読み始める。
③「中へ入られい」とのことで検査室へ。眼球チェック機(?)で『目が乾くぞ』と告げる。
④視力検査。「椅子を動かすことまかりならん」と怒られる。拙者平謝り。
⑤医師診察。2分足らずで終了。眼球に傷なし。目薬は防腐剤のないものを薦められる。
⑥「目薬当方で用意するが如何に」と問われるが固く断る。
⑦コンタクトケア用品に格安のものを薦められる。10分から4時間に伸びるだけ。快諾。
⑧会計を済ます。

以上、なから待たされるかと思ったがほぼ1時間で用件が済んでしまった。早い早い。
たしかファンクラブ会員証提示でケア用品5%オフの特典があったはずだが、
実はまだ会員になっていないんです(ごめんなさい)。
次回は3ヵ月後。6月中旬か。今度はレプリカ着ていこうかな、試合の日に。

その後くまざわ書店でテキストを(頼まれ・自分の含めて)3冊買い、
少し足をのばしてビックカメラでビデオテープ10本セットを買い、
高崎駅改札脇のトリアノンで1個62円のモチモチしたパンを10個買って帰宅。

モチモチパン(正式名知らない)うまかったなー。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-25 23:30 | 徒然

鳥栖戦まであと2日

【激変!労働者の街「山谷」 150カ国から旅行社が… -簡易宿泊所に密着-】
…というのを見た。秋葉原に近く、物価の高い東京を観光する外国人に人気らしい。
男性が横たわるとそれでいっぱいいっぱいになってしまう狭い部屋は
旅の本で読んだタイの安宿を思わせる。あ、そういう感覚なんだなと納得。
そういえば韓国にひとり旅した時はゲストハウスに宿を取りドミトリーで寝てたなあ。
初海外で緊張しててリラックスする頃には帰国、になっちゃったけど、
いつも誰かいるからホテルの個室なんかより寂しくなくて、そこはよかった(安かったし)。
バックパック背負って出かけるような気楽な旅行。また行きたいものだ(行けるかな)。
______________________________________________________

「オーレ!ザスパDX」を聞く。
クラブエアでのインタビュー・公開収録も選手の素顔が覗けていいと思うが、
今日放送された植木監督の記者会見や選手の試合終了直後の声もいい。
今ある課題やそれに関する考えがストレートに言葉になっているし、
どんなトーンで話されたかによってその言葉をどんな気持ちで発したかが伝わる。
なかなか難しいのかもしれないが「今日の会見・選手の声」を
「オーレ!」や「148」の枠内で今後も聞けたら、と思った。

開幕3戦を終えて「できること」と「できなかったこと」がかなり明白になってきた。
格上にも勝てないことはない(神戸には勝った)。
ただ決して安定はしていない(柏にはひねられた)。
攻めようとすれば攻勢に出られるが(徳島戦シュート19本)、
バランスの崩れを突かれると対処ができない(徳島戦あっさり2失点)。
そもそも本来バランスを崩してでも攻めに行くのは試合終盤劣勢のときで、
試合の立ち上がりからそういう形が現れてしまうのは大いに問題だろうが、
GK高木や3枚のDF陣、2枚のボランチが並ぶザスパの守備ブロックが大いに話し合い、
確認を取って連携を深めていくことができれば解決できない事態ではない。
徳島戦後のコメントに「1点を先制されて声が出なくなってしまった」というのがあったが、
ふだんから言い合うべきは言い合える環境があればそんな事態にはなるまい。
またそういう意見交換を歓迎しないチームもないと思う。

今週の試合はサガン鳥栖とのアウェイゲーム。
『このチームはおとなしすぎる』と昨季苦言を呈し続けた山口貴之がいるチームだ。
「今季は変わったなあ、やられた」と山口に言わせたい。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-03-24 17:48 | ザスパ草津