<   2006年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

オーレ!ザスパDXを聞く

まだ信じられない気分も残っているが、

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-30 18:16 | ザスパ草津

 

 

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-29 18:03 | ザスパ草津

いつも変人変わり者

こんな占いを見つけた。

今回の占いで「鋭いな」と思ったのは…
『生活 同じものを毎日食べたりしすぎないように。』
見抜かれてる。確かに1週間連続3食カレーなんて事態になっても平気だ、俺は。
これからはいろいろ食べていきたいと思います。やや反省。

それにしてもどんな占いをやっても「変人」「極端」「変わり者」的評価を受けるのはなぜ?
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-28 19:45 | 徒然

”老老介護”の死角

6月28日(水・再放送)

老老介護…介護を要する老人を介護する人もまた老人であること。
全体の4割が老老介護世帯であるとされる。
→昨年名古屋で起きた事件から老老介護世帯の問題を探る。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-28 17:10

”自立”をめざして ~高知・小松健太君の挑戦②~

6月27日(火)放送

「高知に住む小松健太君」のレポの2回目。寄宿舎での暮らしを追う。
彼は脳性麻痺で車いすの生活(…昨日の1回目を見逃したのが痛いなあ)。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-27 21:13

早く引っ込む意味ってあるの?

こないだのアルウィンでも思ったのだけど、
ザスパって試合前のピッチ練習を切り上げるの早くないですか?
こないだのアルウィンで気が付いたくらいなので
毎試合早いのかどうかは確信が持てないのですが、
総じて、印象としては、相手チームより長くピッチにいることって少ない気がします。

これって、いいこと?よくないこと?

その、やっぱりサガンよりも早くピッチを後にしたアルウィンのゲームでも、
ピッチにツルツル滑ったり足を取られてた選手はザスパに多かった気がして。
選手個人の資質や体調にもよるので一概には言えないとは思いますが、
その日の会場の芝生の状況を把握し、それに慣れておくことは意味があると思うし、
そのためには限られたピッチ練習時間をフルに、目いっぱい使った方がいいのでは。
うーん、どうなんだろう。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-27 15:38 | ザスパ草津

「がまんできない!トイレの悩み」②使いづらいトイレ

6月27日(火・再放送)

視聴者からのメール 東京都・Kさん(60歳)
32歳の時神経の病気で手足にほとんど力が入らず。電動車いすを使用。
「多目的トイレがレイアウトのまずさで使いづらい」
→地下鉄大江戸線「都庁前」駅(平成9年開業)の多目的トイレ
 ○2m×2mと広々。
 ○手すりや大きめの洗面台、ベビーベッドなど完備。
 ●便器の前のスペースに洗面台が張り出しており、正面からの移乗に極めて不都合。
→電動車いすから正面移乗するためには
  車いす全長である110cmのスペースが必要だが
  ここのトイレではわずか56cmしかないため斜めにアプローチせねばならない。
「洗面台の張り出し」さえなければ全く問題なく利用できるのに…
⇒管理者に聞く(東京都交通局)
 ・多目的トイレは「東京都・福祉のまちづくり条例」にしたがって作られた
 ・都庁前駅の設計は平成5年。当時最新基準は昭和63年に定められたもの。
 ・「洗面台の張り出し」は当時の基準でも認められていないが、
  駅全体の設計・構造の都合上(ここの場合は配管)多目的トイレの利便性が犠牲に
「多目的トイレの利便性」が犠牲にされるケースはけっこうある。
・基準の設定が甘い(数値設定がなかったりする)。
・考えの浅い「サービス意識」。
 (手洗い後の乾燥機を付けたために洗面台を便器側にずらし、結果車いすが近付けず)

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-27 15:30

いまから

「街道てくてく旅 総集編」を見ます。
旅人は岩本輝雄
国内も海外も、旅行というものには積極的でありたいと思っているけど、
究極的には「ひとり歩き旅」というのが理想なんじゃないかなあ、と思う。
何となくだけど、そう思う。
あ、道具がないぶん自由だからかな。

さあ、見るか。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-26 22:49 | 徒然

第25節は「お休み」なので

どうも。
クルマで崖から落ちて以来、
「高速道路での急接近」とか
「山道の崖側」とかを異常に怖がるようになったうるち米です。こんにちは。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-25 18:21 | サッカー

J2第24節 ザスパ草津 3-4 サガン鳥栖

前半の「グダグダここに極まれり。話にならない」もザスパ草津なら、
後半の「ガンガン攻めるぜ攻めダルマ、3点取ったぜ!でも負けた」もザスパ草津。

ザスパ草津の選手の皆さん。
あなた方は「やれば出来る子」?「やらないと出来ない子」?
それとも「横っ面張り倒された後でないと何も出来ない子」?

あなたたちは「できる」の?それとも「できない」の?
前半と後半であまりにも変わりすぎる最近の負けパターンを見せ付けられると、
ザスパ草津は、そうではないと信じているけれど、「やらない」なのか。
いや、アレほどまでに試合内容が後半から充実するということは、
やっぱり「やらない子」なのではないかと思えてしまう。これ、実に悲しい。

試合終了の笛を聞き、今日は本当にグッタリした。
後半のプレーぶりができるなら、なぜそれが前半から出せないのだ?
選手たちは(コメントなど見ると)口をそろえて言う、「気持ちの問題だ」と。
だったら話は早いはず。
「次節までにロナウジーニョが裸で逃げ出す超絶技巧を身に付けろ」は無理だが、
「試合の入り方、或いはこれに関する心構えの意思統一」などについて
チーム全員で十二分に話し合い、確認しておくことは今すぐにでも取り掛かるべきだ。

すぐできることだから。

しかも次節は休み。「会期」は2週間も取れるのだ。
もう「気持ちの問題」なんて言葉を聞きたくない!

(当初作成した記事を誤って消去してしまったのでこんな風になりました)
[PR]

by urutimai1970 | 2006-06-24 20:40 | ザスパ草津