J2第11節 愛媛0-1草津/J2第12節 C大阪1-0草津

走り勝ってチャンスを手繰り寄せ、ピンチを摘み続けたのが愛媛戦なら、
運動量で劣り、好機が好機になりきれず、ピンチを呼び込んでしまったのがC大阪戦か。
同じメンバーで臨んだアウェイ2試合であり、
疲労が選手の足を止めたとする見方も出来ないわけではないだろうが、
2月末の今期日程発表の時点で、この連戦があることはわかっていたこと。
厳しい日程はJ2全13チームに平等に課せられているのだから言い訳には出来ない。

やっぱり、勝つことでしか得られないものがあるんだろうなあ。
同様に、逸機の連続で染み付いてしまうものも。

ひとつ勝ち、またひとつ勝てば、結果として連勝になる。
そう考えたこともあったけど、少し変えてみようと思う。

ひとつ勝ったら次戦即必勝
チャンスは掴み取らなければ逃げてしまう。
貪欲さを丸出しに。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-29 07:19 | ザスパ草津

明日は愛媛戦

4月21・25・28日。5月3・6日。
過酷な連戦はアウェイが3つ、いっそう過酷。
その遠征第1戦がこの愛媛戦。

ウチがやっと引き分けた京都を3-0で撃破した愛媛だ。

恐ろしい恐ろしい。とはいえ何とかそこは工夫して戦わねばならぬ。
これからプレビューショー(小島さんを迎えてJ2特集って言ってたよな)見なくちゃ。
今年の基本布陣4-4-2で行くのかな、それがいいような気もする。

CB、チカと組むのは田中か藤井か、SBに佐田・寺田。
ボランチは秋葉に櫻田、SH鳥居塚、桑原。
FWは高田に氏原、途中から松浦をジョーカーに。

しかし、結果の出ているこの布陣ではあるけれど、
開幕節のヴェルディスペシャルの失敗(事故ともいえるが)といい、
先日のアビスパスペシャルの機能不全といい、
基本布陣に加えて備えるべきオプションのバリエーションが広がらないのが気懸かり。

明日に関しては、何となくだが、とにかく運動量だけは負けてはなるまい。
そこで優位を築くことから突破口は開けると思う。
頑張ろうザスパ。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-24 19:37 | ザスパ草津

今年は「2006年」ではない

土曜日、福岡戦の日。
敷島に向かう車中で、つい話題に出るのは、例えば島田のこと。
大宮に帰ったはいいが出場機会がこちらが思ったほど得られていない。
「島田、苦労してるみたいだな」
「大変みたいだね」
「今のザスパにいたらなあ…」
「それを言っても仕方ないけど、ちょっとそれ考えるよなあ」

土曜日、福岡戦の日。
敷島から帰る車中で、つい話題に出るのは、例えば高木のこと。
札幌に移籍して以来守護神として定着。堅守札幌の中心、その存在感は大きい。
「高木、やっぱり凄いな」
「点取られないもんね」
「今のザスパにいたらなあ…」
「本田だっていい働きしてるがな。でもちょっと考えないでもないな」

2007年シーズンも10節を終え、第1クールも残り僅かとなってきた。
即昇格、と景気のいい話はぶち上げにくい今のザスパだけど、
一昨年と比べれば格段にいい、去年と比べても悪くないカタチを見せている。
なのについつい去年のことを考えがちになるのは、
例えば島田の左足、とか、高木のビッグセーブ、とかが強烈過ぎたため、
今のザスパに対して「突出したもの」への未練、物足りなさを感じてしまうからか。

しかし去年と比べて「突出したもの」はないのか、と振り返ればそんなことはない。
櫻田の組み立て、とか、鳥居塚の運動量、とか、松浦の速さ、とか。
島田の左足や高木のビッグセーブほどの派手派手しさこそまだないかもしれないが、
その威力は他チームからも警戒すべきレベルに達していると思う。
(その威力を確実に発揮させる力量はまだまだ足りないかもしれないけど)

数少ない「スペシャル」に頼るのではなく、チーム全体でレベルを上げていく。
その試みは時に痛い目に遭いつつも、着実に前へ進んでいると思える。

ならばこのチームを、信じよう。
選手を、スタッフを、クラブを、信じよう。

そう思って福岡戦の帰り、買い物をした。
2007年バージョン・レプリカユニフォーム(ホーム)。
もう始まっている2007年シーズンを共に戦っていこうというときに、
身に纏うのが「2006年」では整合性を欠くではないか。
そう考えて次回からは2007年レプリカでB-Hに陣取るつもりだ。
人それぞれ捉え方や考え方があると思う。
僕はこの考えであらためて2007年シーズンに臨むことにした。

仕切り直しが必要になるなんて、ちょっとだらしなかったなとも思うけど。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-23 15:11 | ザスパ草津

J2第10節 ザスパ草津 0-3 アビスパ福岡

いつもの、B-H席最北ブロック上段で見ていたのだが、
試合時間が経過するにつれ、敷島のピッチが伸び縮みしているように見えたのは幻か。
ウチが攻めるときは100m少々のはずが200mにも300mにも伸びたかのように。
アビスパが攻勢に転じれば100m少々のはずが70mにも40mにも縮んだかのように。

中盤が、あまりにも緩すぎる。

立ち上がりのチャンスを決めていれば、なんて思う試合もあるけれど、
今日に関して言えば、最初のチャンスで2,3点のリードが奪えても勝てたかどうか。
見せ場らしい見せ場がほとんどない、寂しい試合だった。

今年のザスパを固めていくはずの第1クール。
固まりかけてはグチャグチャになる繰り返しに陥っているなあ。
焦るばかりではいけないけど、次は京都を撃破した愛媛、
続いてC大阪、高木がゴールを守る札幌と続く。

踏ん張りどころだな。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-22 10:33 | ザスパ草津

今日は北京五輪アジア2次予選・vsシリア

・・・と銘打ってみたんだが、あんまり興味が湧かないのが正直なところ。
代表にザスパの選手が選出されているわけでもないし。

A代表の方も、実はそんなに興味がなくなってきている。
98年フランス大会はドキドキしながらW杯初挑戦に胸を躍らせた。
02年日韓大会は日本の快進撃&韓国の超快進撃が実に気分が良かった。
ただ06年。ドイツ大会は日本チームのふがいなさを除いても興味が薄れた。

なんでかな、と考えてすぐに思いついた。
04年、僕はザスパ草津と出会った。「地元にクラブがある幸せ」を知ってしまった。
全国的に注目を浴びるスタープレイヤーの集合体である代表チームよりも、
地元のヒーローであり、アイドルともいえるザスパ草津の方が愛おしくなっていたのだ。

だから、というわけではないが、今日のシリア戦も結果はチェックするが
中継は見るかどうか、決めかねている。見ないような気もする。

全国各地にローカルヒーロー、ローカルアイドルが根付きつつある今、
代表チームは魅力あるサッカーを展開し、その上で勝利という結果が出なければ、
人心を掴むのは難しくなるのではなかろうか。そんな気がする。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-18 10:48 | サッカー

夢のない話

爆笑問題・田中が先日の皐月賞で800万円近い配当金を得たという。
で、マスコミが食いついて記者会見が開かれた。
「税金の申告は?」とレポーター。
「しないわけいかないでしょ、この状況じゃ」と田中。
まったく田中がかわいそうだと思う。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-17 18:12 | 競馬

J2第9節 京都サンガ 1-1 ザスパ草津

「ドン引き・縦ポン・前走れー!」だったらガッカリだったがとんでもない。
前半、ボールポゼッションはややザスパ。
京都ゴールに襲い掛かる場面こそ少なかったが、
パウリーニョはじめサンガ攻撃陣を自由にさせなかったのは素晴らしい。
スカパー!で解説されてた方が少ーしイラついているのがチョッピリ嬉しかった。
今期初出場DF藤井も気迫満点、モチベーションの高さそのままのプレーは気持ちいい。
秋葉が実に効いていたように感じた。ベテランの味、ベテランの味。
桑原が活性化させる左サイドも機能してあとは得点だったが流石にサンガ、堅い堅い。
それでも0-0での折り返し、大いに期待を持たせて後半へ。

耐える時間が長くなる。
それは十分想定されたことでもあるが、ディフェンスラインがジリジリと低くなる。
前半から植木さんが「怖がるな、上げろ!」と繰り返していたが
修正してきたか、サンガの攻勢にジワジワと押し込まれてきた。まずいぞ・・・。

ここで伯母さんから電話。今日お見舞いに来てくれて「無事帰ったよ」の報告電話。
日頃から気のいい伯母さんで時間があればふだんならここから四方山話になるのだが、

今日は今は「京都vs草津」の後半20分過ぎだ
コチトラ忙しいんじゃあ!ボケェ!


・・・とは口が裂けても言えず、というか、そんな物言いをしたら人としてダメじゃんよ
この程度の良心は持ち合わせていたため電話は切れず無念にも話は途切れない。
上の空、生返事、しかし伯母さん気にしない。

早く終わらねーか早く終わらねーか早く早く早く!
念じ続けた罰が当たったのだろうか、あの失点は
ただあの前からずいぶんと押し込まれてはいたので「ついにやられたか…」。
驚きはなかったけれど時間はたっぷり15分ほど残っている。
あきらめなければまだ何とでもなる。今年のザスパは試合が終わるまでわからないぞ。

もうすぐロスタイムまで来ちまった。
うーんうーんうーん。
唸り声で祈りつつ覗き込むテレビ画面は次の瞬間サプライズを映し出した。

ジャンプ一番、秋田豊。その頭上を越えていくロングフィード。
ボールは信じて走った松浦宏治に納まった。
走る、かわす、すり抜けた、ゴール!

京都サンガ相手に引き分けたのは、連敗しなかった意味で値打ちがあると思う。
苦しみながらもチャンスも作り、勝つ可能性ももう少しのことろまで手繰り寄せた。
「勝利」を手繰り寄せるには上積みが要るだろうが「自信」は確実に手繰り寄せたと思う。
今期の戦い方を忠実に、確実に表現していければどことやっても戦える。
その意味で、この勝ち点「1」の値打ちは計り知れない。
第1クールの残りも難敵が続く。第2クールとなればお互いに研究される。
でも方向性は正しい。このサッカーをブラッシュアップしていけばいい。
価値ある鹿児島の戦いに、しなければいけない。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-15 08:12 | ザスパ草津

知っとこ!

最近は見ていないがテレビ朝日「虎ノ門」内の映画コーナー「こちとら自腹じゃ!」。
映画監督の井筒さんが放つ辛口の批評っぷりがなかなかだが、
以前井筒さんと組んでこのコーナーを担当していたのが豊岡真澄。
「やたら小さい女の子」くらいのイメージしかなかったが、
今朝「知っとこ!」に新型新幹線のレポーターとして登場した。

どっぷり「鉄」じゃないか、この子は。

女性、しかも若い女性には極めて珍しい「鉄」っぷりにはまーずたまげたで。
で、彼女のブログなど見てみると濃厚濃厚、「鉄」純度えらく高いわなあ。いやあ、珍しい。
やっぱりなかにはいるんですね、こういう女の子も。

どうしてか「男の世界」っぽいイメージしか持てないような「鉄道趣味」の世界。
一般論として、なんで女性は鉄道に興味を示す人があんなに少ないんですかね?

今日だって、ヒマとお金が許せば鴨池まで行きたかったよ鈍行で
九州は小倉=鳥栖間しか乗ったことないし(佐賀競馬目当て。当時鳥栖スタ建設中)、
いずれ機会を作って九州鉄道の旅、行きたい行きたい。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-14 17:16 | 徒然

明日は京都戦

早い。もう次が来たのか。過酷なJ2を地で行く日程だなあ。
今回の対戦相手である京都は1日の西京極:福岡戦を2-1で勝った後、
第7節は8日、笠松に乗り込んで水戸を2-0で下し、
前節11日の東京V戦を味スタで戦って3-1、3連勝。
東京から京都には帰らず鹿児島直行で明日に備える「旅暮らし」の真っ最中。
疲れは当然たまってくるだろうが3連勝中でもあり、そもそも地力がある。
付け入る隙を見つけ出すのにもだいぶ苦労するものと思われる。

ザスパはといえば、前節山形戦で今期ワースト候補ともいえるひどい試合を展開した。
試合直前のチカ・高田の離脱というアクシデントがあったとはいえ、
ディフェンスラインは終始落ち着かず、攻撃も冴えなかった。
「飛車角抜き」の状況は確かに苦しいが、
長いJ2の48戦すべてをベストで戦えると考える方が無理がある。
苦境は必ずやってくる。そこをいかに戦うかがきわめて重要だ。

見方を変えれば幸いにも今節の相手は京都である。
格上も格上、ザスパの挑戦者としての立ち位置は極めて明確になる。
終始京都の攻勢に晒されるだろう。頑張って、凌いで、希少なチャンスをいかに掴むか。
…ボランチが、ポイントになるような気がするなあ。

04年、天皇杯でJFLのザスパはJ1のC大阪・横浜Mを連覇した。
06年、神戸に2勝1分1敗。昇格組の一角に勝ち越すことも出来た。
そうそうサプライズばかり起きるはずもないが、
サッカーのサプライズをたびたび現実のものにしてきたのもザスパである。
サッカーの可能性を信じて、鴨池のピッチで踊れザスパ戦士たち!
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-13 16:58 | ザスパ草津

イベントも会場の楽しみなんですが

J’s GOALによる「京都vs草津@鴨池」のイベントから。

●ウェルカムアトラクション
内容:神村学園高校マーチングバンドによるアトラクション(演奏)を実施
時間:キックオフ前とハーフタイムの2回を予定(各5分位ずつ)
実施場所:鴨池陸上競技場内
※協力:神村学園高校マーチングバンドの皆様


そういえば今期の敷島で「発表の場所提供」的なイベント、まだないなあ。
○○中学校吹奏楽部、とか、□□太鼓同好会、とか、ね。
ああいうイベントは単純に楽しいし、
いろいろな方が「敷島に出かけてみるきっかけ」にもなるわけで。

まあ、あれだ、
「ピッチアップ中のボールがボンボン飛んでくるゴール裏で演奏」
とかだと怖くてどうしようもないのかもしれないし、
場所についてはある程度考えてもいいのかもしれないけど。

楽しい「演奏系」イベント、待ってます。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-04-12 18:14 | ザスパ草津