「ほっ」と。キャンペーン

第74回東京優駿

3馬身差。決定的な着差。
完璧な勝利と言っていいだろう。ダービー史上語り継がれる一戦になった。
ウオッカのダービー制覇。
「牝馬が勝ったダービー」として、
それ以上に「名馬誕生のダービー」として。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-05-28 09:30 | 競馬

ただひたすらに歩いていてさえ

歩き遍路が楽しいのは、
最終的にはすべて自分の責任で行動しなければいけないから。

責任を負うのは辛いけど、そればかりではないんだよな。
責任がやりがいとなり、楽しさに昇華していくことって確かにあるんだ。

「趣味の世界」歩き遍路ですらそんな一面を持っている。
逃げずに立ち向かうことは、すべてそっくり糧になる。

ふいに歩き遍路のことを考えていて、そんな結論にたどり着いた。
ちょっと驚いたけど、それほどズレた考えでもないような気がする。

※すでに落ちている更新頻度ですが、
今後約60日間ほどさらに更新頻度を落とさざるを得ません。
急を要する連絡がある方は、あの方法でお願いします。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-05-10 17:28 | 歩けますか?

J2第14節 湘南ベルマーレ 3-2 ザスパ草津

あと一歩、出足があと一歩でも早ければ。

ザスパのゲームを見ていると、そう思う場面が多々あるのだが、
昨日のような荒天になると、
今の状況を読む力やそこから先を予測する力、
あるいはその予測幅の広さがよりいっそう要求されてくるように思える。
特に後半頻発した警告。審判の資質云々を別問題とすれば、
あとちょっとだけ先を読むことができたら、
さまざまな状況を予測の範囲内に入れておける懐の深さがあれば、
あそこまで荒れ荒れのゲームにはならずに済むのではなかろうか、と。
少しづつ良くなってきている。成長してきている。
そういうのを試合で感じられるようになってきているだけに、
あとちょっとの成長を期待して、この試合を糧にすることを願う。

しかし田中累積4枚、チカ累積4枚、藤井1試合2枚で次節欠場。
寺田、尾本、あるいは山本、小林といった面々には逆にチャンスだ。
彼らの状況はさまざまだろうが、好機は掴め。逃がすな。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-05-07 21:14 | ザスパ草津

さあ第2クール

雨か。それも結構な量がまとまって降るという予報。

それでも…迷うけど…湘南新宿ライン一本で行けるしなあ。

雨だ。それも結構まとまって降るという。
かえってチャンスといえばチャンスではなかろうか。
雨もザンザカ降ってしまえば、運動量と気合いの勝負に(ならないかな)。

気合い。そう、気合い。
1試合ごとにクルクル変わってしまう不安定さからオサラバしなくちゃ。
今月唯一ともいえるアウェイゲーム、ここを何とかものにして飛躍の月に。

雨か、雨かあ…。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-05-05 19:54 | ザスパ草津

さあ第1クールの締めくくり・札幌戦

開幕国立でえらい目にあってしまったものの、
その後はアウェイでの健闘も目立って重ねた白星は3つ。
水戸に逆転勝ち、愛媛にも敵地で勝ち、進境を見せた。
湘南戦で見せた粘っこさが呼び込んだ終了間際の2得点は最高だった。
引き分けも4つ。
京都・仙台といった過去まるで通じなかった相手からの勝ち点獲得もできるようになった。
こういう「いい試合」の間に「悪い試合」が挟まりがちなのだけは気になるところ。
今期もいまだ連勝は達成されず。
山形、福岡、C大阪、悔いを残して敗れてしまったのは次に繋げていかねばなるまい。

さあ、第1クールの締めくくりは今日、札幌戦。
勝てば4勝目、ザスパとしては1クール当たりの最多勝記録となる。
(多分1クール当たり最多勝ち点獲得にもなるんじゃないかな、と)

今朝ザスパ公式を見れば、B-H、B-Aが完売したとのこと。
いい試合を、敷島の森がネイビーの歓喜に揺れる試合を。

あの先発情報は気になるところだが。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-05-03 06:28 | ザスパ草津