1勝1敗

さて昨日、ザスパの試合があるというのに中継も見ず、
何をしていたかといえば

More
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-26 12:10 | 徒然

J2第51節 徳島ヴォルティス 2-2 ザスパ草津

勝てる試合を勝ち点3に繋げることの拙さがまたここで出た。
1点リードで後半半ばを過ぎた辺りから脚が止まってバタバタ。
逆転されなくてよかった、とすら思うほど。
精根尽き果てても動くべきは動かないと。厳しいけど。
これで今季中の連勝達成はなくなってしまったけど、
せめて最終節はいいところを見せて欲しい。
舞台は敷島だ、僕たちも後押しが出来る。めいっぱいだ!
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-25 20:09 | ザスパ草津

敷島公園でハシゴ

JFL後期第15節 アルテ高崎 0-4 ジェフリザーブズ
J2第50節 ザスパ草津 2-2 セレッソ大阪

昼過ぎに利根西駐車場に到着。
駐車場のおじさんに「今日は勝てるといいやなあ、ザスパな」。
そろそろ勝つところ見たいですよね、互いに笑顔で言葉を交わす。
今期は残り3試合。
全て勝てば今期勝利数が二桁に届き、加えていまだ果たせぬ連勝も、となる。
残る相手はC大阪、徳島、京都。ゆるくない。厳しい。
それでも勝たねば達しられない境地がある。ならば行かねば、だ。

まずサカラグでアルテ高崎。
メインスタンド中央にどっかり腰を据えると素晴らしい見易さと厳しい日陰の寒さ。
震えながら見易さを堪能、しかし試合はエライこと。
前半スコアレスで乗り切ったのがウソのようなアルテ後半の切れっぷり。
ブツリと集中がぶった切れたかのような4失点はいただけない。
惜しい得点機もなかったわけではなかったが、そういう問題ではなさそう。
高須や杉山が元気にプレーしていたのは嬉しかったが、ねえ。

サカラグから陸上競技場へ移動。
赤城おろしを日陰で受けて冷えた体を豚汁とスープ餃子で温める。
ようやく両手小指・薬指の感覚を取り戻してB-H列に並び、
シーチケ先発隊としてエンゲル君といつもの辺りに陣取っていると、
いつものメンバーが続々と集まってきた。
で、「いつものメンバー」にこのブログがばれているようなので(隠す気もないけど)、
追々適当なここでの名称を付していこうかと思う。
(とりあえず「鉄腕父・鉄腕娘・鉄腕息子」は確定で)

試合は、荒れた。今日の主審のジャッジの不安定さは強烈だった。
松下の「遅延行為」もどんなものかと思うし、
カレカが倒されてC大阪の選手が一発退場を喰らったシーンもレッドはないだろう。
あのレッドが2点目のきっかけにはなったけど、
あの判定基準がザスパ側に降りかかる危険だって大いにあったことを思えば笑えない。
「審判は絶対」ということを、審判には深く自覚していただきたいものだ。

まあ審判に食ってかかっていいことは何一つないので「重要、しかし別件」として、
ウチの前後半の豹変ぶりは見ていて辛いものがあった。
前半は集中高くC大阪の襲撃に耐えながら運動量豊富、よく頑張れていた。
先制点の場面のパスの周り具合などは出色モノで今期目指した理想の体現かも。
2点目もカレカの壁をぶち抜く強烈な一発。痛快だったよなあ。

しかし両軍10名での戦いとなった後半は、ひどかった。
ひどかったが、あれはそのままウチとC大阪の差なのかもしれない。
11人でプレーすべきエリアを10人で賄わなければならない。
一人ひとりのプレーエリアは広がるし、
退場者を出したポジションに開いた穴にもケアを要する。
技術と意思統一、そして運動量。
後半のシュート数「草津 2-20 C大阪」に如実に現れているように思う。
よく負けなかった、と片付けるのは「よかったよかった」で終わってしまいそうで嫌だな。
前半のうちに2点のリードを奪いながら勝てないのは大問題。
まだまだあらゆる面での底上げが必要かもしれないな、と
今期最終盤に差し掛かって寂しく思う。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-19 14:01 | ザスパ草津

浦和アジア制覇

…と表現できる、と思う今回の浦和レッズACL優勝。
僕個人の感想としては、
①Jリーグのトップに立つクラブがここまでやれた。嬉しい。
②浦和勝利の笛が鳴って数秒後チャンネルをフジテレビに替えた(察して)。
なのだが、あと楽しみにしているのは「サンデーモーニング」だな。

TBSテレビ日曜朝に陣取って久しいこの番組の、
スポーツコーナーにおける司会者の、サッカーに対する冷遇ぶりは酷い。
「今週のバックパス」なる不定期コーナーでお茶を濁し、
J1の結果一覧フリップを一枚めくって順位表、
1位から順にカメラが追い始めると
18位はおろか10位辺りまでやっと映った刹那フリップを捨ててしまう暴挙
そして嬉々としてゴルフに突入するという有様をよく見かける。
結構不愉快(でも「アンチほどよく見てる」なんだよなあ)。

さあ、サンデーモーニングよ。この浦和の快挙をどう伝える?
「中西の必死の説明の後『あっぱれ』連呼で1分ほど取り上げる程度」
「盛り上がりすぎて羽目を外す浦和サポの映像を用意して『喝!』も念のため」
と予想するが、さて。
(そこまで酷くはないですかね。さすがにね。どうですかね。わかんねえやね)
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-15 17:04 | サッカー

ゆうゆうワイド

明日木曜日、TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」に
喜多靖選手が出演するという。
日替わりアシスタントは陣内貴美子さんで「スポーツの木曜日」。今から楽しみ。
平日午前の生ワイド番組だし、司会は大沢悠里さんだし、
内容としては、より喜多選手の人柄に迫っていくような、
そんな感じにも展開していったらいいなあ。

来年も、いて欲しい選手だし。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-07 17:04 | ザスパ草津

カキフライ

病院の食堂でランチ。カキフライ。
タルタルソースでまず一個。そしてソースをどぼどぼと。
Aランチ、Bランチ、各種定食。どれもこれもおいしかった。

何度ここのランチを食べたことだろう。
味はよい。場所柄白衣姿がやたらと目立つがいい感じに混んでいて、いい。

もうしばらくは、食べられないな。あのランチ。

うれしい。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-06 23:30 | 徒然

国道・酷道

道あれば、全線踏破したくなるのが人情というものである。
例えば鉄路を志し、JR・私鉄全線を日々乗りつぶす「鉄」なる一派があるように、
自動車の運転を好むなら国道の全線踏破を目指す者が、やっぱりいるのだ。

で、初めて知りました「酷道」なる言葉。

これは国で管理する「国道」でありながら、
その酷さのあまり好事家たちから「酷道」と評されてしまう道のことで、
例えばカーブが急すぎて、通過するだけなのに切り返しが必要だったり、
例えば山深く分け入るにつれ、道路は獣道と化して自然と同化していたり、
例えば自然災害によって崩れた路肩が放置され、
「落ちたら死ぬ!」などと身も蓋も無い直球剛球ど真ん中な看板が立っているものもある。
そしてこの「酷道」を最上の趣味とし、暇あればいそいそと出掛けて行く人たちは多い。

こういう「おもしろがり」な人たち、大好きだなあ。

もちろん「おもしろがり」が度を超して自他に危険が及ぶようでは論外だが、
そこはひとりの人間としてわきまえるべきはわきまえて、
すべてひっくるめて「遊んでいる」感じがたまらない。

そんな酷道行ってみたいなあと思ってたら、実は行ってました。
国道33号線。松山市-久万高原町、三坂峠のあたり。
強烈な九十九折れはローリング族にこよなく愛され…そうそうそんな道だった。
なのに路線バスが信じられないスピードで峠をガンガンぶっとばす。怖かった。
歩き遍路を久万高原町から始め、三坂峠を松山側に下るとき通ったのが久万街道。
これが正真正銘の獣道。江戸の昔を髣髴とさせる田舎の街道。
こないだのアルウィンへの道中も、途中で歩き時代の中仙道見かけたな…。
ああ、歩きたい。取り留めがないので、おしまい。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-05 17:48 | 徒然

天皇杯4回戦 名古屋グランパスエイト 3-1 ザスパ草津

とてもじゃないが現地に行けなかったので、
まずはPWTⅡ/左岸大王の携帯メールから。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-04 17:25 | ザスパ草津

明日は天皇杯・名古屋戦

とはいっても現地へ赴くことままならず、
テレビ中継はNHK-BSのみ、しかも中継試合に選ばれず。
ということで、この試合はJ’sGoalの試合速報と
瑞穂陸へ単身突撃するPWTⅡ・左岸大王の現地レポに頼る他ない状況に。
行きたかったな名古屋。食べたかったな名古屋飯。
ま、ここを突破できれば次は松江、おいしい出雲蕎麦が待っている。
(名古屋より遠いのに…。)

で、プレビューを読んでみた。
ふだんJ1を見る習慣がないので(アフターゲームショーで見るだけ)、
ウチが名古屋担当のライターさんにどう映っているか楽しみに読んだ次第。

More
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-03 16:39 | ザスパ草津

群馬県民マラソンのタブロイド版

ウチのすき焼きは豚肉だよー!
やきまんじゅうが大好きだー!

さて、今朝の上毛新聞に折り込まれていた「群馬県民マラソン」のタブロイド版。

こういうのを見ると、元陸上部員としては、やはり走りたくなる。
元110mH選手としては、「よくハーフマラソンなんて走るよなあ」と感心するんだが。

先だって「高脂血症が疑われますよ」との健康診断結果を受け、
お医者さんに診てもらったら「週4回ほど、1時間程度歩くことをお勧めします」。
そう言われてもなあとグズグズしていた1ヵ月半、ついに好適な徒歩コースが!

「仕事がハネたら、ひと駅分歩く」。

都市部私鉄や山手線とかじゃない、高崎線のひと駅分だ。
昨日今日と試しにやってみると、ちょうど所要時間1時間でぴったり。
いささか寒いようでも歩き終えるとうっすら汗もかく。

続けば、いいよなあ、これ。

※特に関係ないが「鳥居塚vs櫻田」。
櫻田にトリさんの倍のゴールを期待する。
櫻田にはそのくらい積極的に得点を今以上に狙って欲しいし、
トリさんには「倍なんてムリだ」と思えるほどゴールを積み上げて欲しい。
昨日の「ダッシュ!ザスパ」見てたら、
ヴェルディ戦の引き分けが猛烈に悔しくなってきたのでね。
[PR]

by urutimai1970 | 2007-11-02 13:55 | 走れますか