東京マラソン中継

久本が走ればいいのに・・・。

それはともかく。
「頑張ってる人」をでっちあげて、
ムリヤリ感動を作り上げる手法はやめたらどうか。

タレントランナーのことである。

スポーツに懸命に取り組む姿や、
心の底から楽しんでいる姿が
テレビ中継の画面に映し出されているならば、
よけいな「味付け」は邪魔になるだけだ。

各局製作のスポーツ中継の過剰な「味付け」にはウンザリ。
でも、改まることはないんだろうな。

スポーツの持っている素晴らしさを信じられないようだから。
言い過ぎ?でも、そうとしか感じられない番組が多過ぎる。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-28 19:46 | スポーツ

再開

上里町乾武マラソンで傷めた膝。
痛みもさすがに取れたので今日から仕切りなおし。

目標は「前橋シティマラソン10km」。

距離は倍。準備をしっかりしなければ走れない。
目標は「基準タイムを作る」ことを第一に置くが、
基準タイムとはいえ、ある程度いいものになればやっぱり嬉しい。

で、走りました。2.7km。

はぁ?
たったそれっぽっち?

とりあえず膝の痛みが取れたばかり。
「休めば痛みが消えます」レベルで収めておきたい。
「休んでも痛くて困ります」ではいけないのだ。

だから、慎重に。
いつものコース2周ランニングのところを、
1周はジョグ、2周目をウォーキングに切り替えた。

ゆっくり作っていきます。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-27 19:30 | 走れますか

採点競技って難しい

バンクーバー五輪・女子フィギュアスケート・フリー。

浅田選手の演技しか見てません。
キム・ヨナ選手もロシェット選手も、
安藤選手も鈴木選手もぜーんぜん見てない。
駅に張り出された号外を見てしまったので、結果だけ知ってる形。

何となくの印象で語ってしまう危険を感じつつ、
でも語るけど、
キム・ヨナ、金メダル。浅田真央、銀メダル。

個人的にはキム・ヨナ選手の演技が好き。
歴代のスケーターで最も印象に残っているのがキャンデロロ選手だったりする。
「演技」というけど、
音楽に乗せて演じてみせる、その表現の大胆さや細やかさ。
そういった部分で、キム・ヨナやキャンデロロは素晴らしいと思う。
とにかく分かりやすく、ストレートに、直球で、
彼ら彼女らの「世界」を氷上に描いてみせてくれる。

そのあたり、日本選手の課題は、演技全体を通して
「魅せる」「惹きつける」部分のように思える。

どうしても、僅かではあるが、物足りない。

多彩で完成度の高いジャンプや、見るものを圧倒するステップなど、
日本選手が持っている技のレベルは世界一級品なのは間違いない。
なのに、それを演技の流れの中に入れ込んだとき、極端に言えば、浮く。
「技と技の間の繋ぎ」も採点対象だそうだが、
際立つ技を生かしきる術が、いかにも物足りない。
(この点に縛られずに済んだのは荒川静香くらいではないか)

もったいない。実にもったいない。

渡辺絵美の時代はさすがに古くて知らない。
伊藤みどりの時代は、とにかくジャンプ、大技主義的。
そこから全体を演技として流れで見せる方向に
少しずつ進んでいるだろうが(高橋大輔はよかったと思う)、
その方向へもっともっと進めていっていいはずだ。

浅田真央選手はミスが出た。もったいなかった。
しかしまだまだ伸びしろがたっぷり残されている。
ソチでまたキム・ヨナとの名勝負が見たいものだ。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-26 19:35 | スポーツ

JFL日程発表

気軽に見に行ける地元群馬・アルテ高崎のホーム戦をチェック。
3月22日の浜川・佐川印刷戦からスタート。

面白そうなゲームとしては
「今度こそ!」のJ参入を目指す鳥取とは4月4日、サカラグで。
天皇杯で浦和を破る快挙を見せた松本山雅とは5月9日、浜川。
佐野前監督、藤井大輔が移籍したVファーレン長崎とは6月27日、浜川。
なんだか気にかかるブラウブリッツ秋田とは11月23日の浜川。

できるだけ見に行きたいと思うし、
見たいと思わせる組み合わせもたくさん。
ただ、ダブルヘッダーの出来そうな日は非情な仕打ちが。

4月17日。
[草津-大分@正田スタ]と
[高崎-横川武蔵野@サカラグ]がともに13時開始。

5月5日。
[草津-北九州@正田スタ]と
[高崎-金沢@サカラグ]がやっぱりともに13時開始。

この2試合、何とか調整できなかったものか。
それとも試合開始を揃えることで
駐車場やシャトルバスを共同利用・有効活用しようという狙いなのか。
しかしせっかくの2試合日、ちょっともったいない。

昨季の、あわや天皇杯シードかと思わせた快進撃は印象深い。
一時の泥沼から脱しきれるのか高崎!こちらも楽しみだ。

※各試合の日程についてはJFL公式サイトでご確認ください。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-25 16:09 | サッカー

女子フィギュア ショートプログラム

浅田真央選手も、キム・ヨナ選手も、
あっぱれな演技を見せつけてフリーへ折り返し。

両者ともノーミス。これが何よりよかった。

4年に一度のオリンピックという最高の舞台で、
栄冠目指してギリギリの勝負を挑むわけだから、
ともすればミスが出ても仕方がない部分もある。

それでも、両者とも素晴らしい集中力。

どちらが勝っても・・・そんな気分にもなってきた。
そのくらいレベルの高い勝負を見ることが出来る幸せ。

そして何より胸を打ったのがジョアニー・ロシェット。

直前に母親を亡くすという不幸にあいながら、
3位につける素晴らしいスケートを披露。
演技終了時の、溢れそうな涙をこらえるクシャクシャの表情。

浅田真央も、キム・ヨナも素晴らしい。そしてロシェットも。

4年に一度のオリンピック。大舞台。
その中でも飛び抜けて輝きを放つ名勝負に、
我々は遭遇しているのかもしれない。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-24 17:54 | スポーツ

デビュー戦に、なるよね?

スカパー!から送られてきた冊子を見ていて気がついた。
神戸の開幕戦は3月7日の日曜日。

おっ、スカパー!大解放Dayじゃないか。
ということは、ウチでも都倉のデビュー戦が見られるぞ!

これを知ってウチでいちばん喜んでいるのは母。
ザスパにまるで興味のなかった母が、

「練習見学に連れて行け」

と3回もせがまれたのが懐かしい。
どの選手を見ても「同じに見える」と抜かした母が、
都倉だけは「とくら!とくら!」と嬉しそうに画面を追い、
来年はスタジアムで都倉を見るんだと楽しみにしていた。

ま、移籍で正田スタで都倉に会う夢は残念なことになったけれど、
J1神戸でどこまでやってくれるか、本当に楽しみだ。

開幕スタメン、期待して待つ!
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-23 17:07 | サッカー

何となく思うんだけど

バンクーバー五輪。
メダル数争いもニュースの締めには必ず紹介される。
五輪といっても夏と冬で上位国の顔ぶれは変わるし、
何しろ僕の直感で思うだけ、
根拠らしい根拠は何もないので乱暴だとは思うが記してみる。

メダル上位国は、国民の福祉・健康に手厚い国ではないかな、と。

さっそく諸方面から
「何言ってんだよ」「モノ知らずが」との声が聞こえそう。
でも、五輪選手強化費をGDP比でたっぷりとつぎ込める国というのは、
国威発揚ということももちろんあるだろうが、
一方で「人間の可能性」を追求する、
そんな姿勢の現れであるということはないだろうか。

人間の可能性、健康に対する可能性。
そういう考え方の下では、
オリンピックで上位を目指すのも、
老化や障害で体の自由が利かなくなっても素敵に暮らすことも、
根っこの思想は同じことになりはしないか。
全くの思いつきなので、どうなのか分からないけど。

日本の五輪強化費は対GDP比でみると、
いわゆる先進国といわれる諸外国と比べても格段に低い。
その日本の福祉環境はといえば、豊かとはいえまい。

そんなことも思いながらオリンピックなど見つつ、
来月に迫ったパラリンピックを楽しみに待つ今日この頃なのである。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-22 17:45 | スポーツ

【1】第19回上里町乾武マラソン大会

とうとう大会デビュー戦。5km男子39歳以下。

先月持病のヘルニアからくる腰痛に悩まされ、
走り込みより腰痛改善、そんなこんなで練習が足りてない。
ただ、回避だけは嫌だった。
それでも走れるのか、どの程度走れるのか知りたかった。
で、神保原駅から送迎バスに揺られて試合会場へ。

とにかく様子が分からない。
おのぼりさん、まさに「おのぼりさん」。
受付を済ませて発着点の小学校校庭へ。
参加者に中学校の陸上部や野球部などの団体さんが多く、
標準的な田舎の小学校の校庭がかなり狭く感じる。

校庭の片隅に荷物を置き、アップ開始。
狭い校庭の一隅を行ったり来たり。
テレテレ入り、トコトコとペースを上げ、タッタッタッ。
体が温まってきたところで軽くダッシュ数本。
ここまで腰の不安は感じない。痛くない。
そのかわり、脚の不安は物凄い。重くて走れる気がしない。
目標を改めて設定した。
「とにかく歩かない。完走」と。

ふだん寝転がってやるストレッチばっかりなので、困った。
どこでやろうかストレッチ。
校内をウロウロしばし、プール横の芝チョロを見つけてそこで。
更衣スペースだった体育館でも出来たのだが、板張り。
マットの用意もなかったので芝チョロの選択は正解。

温めて、伸ばして、さて。

困った。時間が余った。冷えちゃうぞ。
で、また再びアップゾーンでテレテレ走る。
このあたりの時間配分は、回数こなして覚えていくことなのか。

15分前にレースユニに着替える。
寒さは想定内だったが風がある。
長袖と半袖、迷いに迷ったが「基準を作ろう」と思ってあえて半袖。
間違いだった。風で寒くて厳しかった。あの場合、長袖が正解だった。

スタート地点の数百人のごった返し。
不意打ちのように号砲一発、第1レースの「5km」がスタート。
目の前には大宮アルディージャ、隣にはFC東京。
後ろから来たのはオリックスブルーウェーブ。
こんな田舎のレースでも結構レプリカさんいるんですね。
よほどザスパのレプリカ来て走ろうかとも考えたけど、
あの練習量では・・・と考えてやめた。
10kmの部にはいたのかな、草津ユニ自体は見かけました。

1キロから2キロ、案の定カラダは動かない。
練習が全く足りてないのがテキメン、腰が落ちているのが自分でも分かる。
まずいなあ、と思いながら周りのペースに巻き込まれる自分。
それでもいけるかなと夢を見た4km過ぎ、
「もうやめてください!」と両の膝から泣きが入った。
痛いこと痛いこと、両膝外側が痛いこと。
ラストは「止まらないぞ!」それだけ念じて足を運ぶ。
フィニッシュゲートをくぐってみたものの、
そんなことで、あんまり感動らしい感動はなかった。

走れなかったんだから、という納得と、
走れなかったなあ、という悔しさと。

でもこれでマラソン大会の、何となくの流れがつかめた。
次は4月の前橋シティ10km。練習あるのみ。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-21 23:30 | 走れますか

今週のザスパ草津(2月13日~19日)

【最新クラブ情報】より

14日 トップチーム練習試合結果のお知らせ(横浜FC)
16日 いよいよ開幕!ザスパ草津2010決起集会!
16日 群馬県サッカー協会長杯ユース(U-13)サッカー大会結果
17日 U-23練習試合結果のお知らせ(上武大学)
19日 2010シーズン草津GO!9325!プロジェクト第一弾
19日 2010シーズンザスパ草津「運営サポートスタッフ」説明会の御知らせ
19日 2010シーズンオーセンティックユニフォーム予約開始

More
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-19 23:50 | ザスパ草津2010

探し物

月に一度の通院日。経過は順調、健康体間近。
隣の調剤薬局での待ち時間、
ラックに差してあった読売新聞を手に取ってみた。

ヴェルディの話題は、あまりなかったな。

で、2010年2月18日付
読売新聞・朝刊に掲載されていた広告が問題で。

何面か忘れたが、小学館の広告が載っていて、
そのいちばん左側(だったと思う)に、
表紙に坊さんが写った写真が使われている本があったのだ。

書名が、思い出せない(ちくしょー)。

いろいろ目の前のパソコンで検索をかけてみたが、ダメ。

【お願い】
どなたか、あの「坊さんが表紙に写っている小学館の本」の書名を教えてください。
お教えいただいても特にお礼も出来ず心苦しいのですが・・・。

「それでも教えたる!」という奇特な方がいらしたら、よろしくお願いします!
[PR]

by urutimai1970 | 2010-02-18 18:23 | 徒然