ワールドカップ南アフリカ大会 日本 3-1 デンマーク

休憩の10分間。
いきなりPK、川島惜しかった。

で、2-1。嫌な流れ。
しかし本田から岡崎へ。
華麗なゴールで3点目。

試合中たった1回取れた休憩10分間でいいとこ見れた♪

1次リーグ突破、16強。いざ決勝トーナメントへ。

日韓大会のときはうまくいっていたシステムを
トルコ戦でいきなり変えて負けたっけ。
(それが敗因かどうかサッパリわからないが)

今回は、そういうことはやらなさそうな気がする。
このメンバーで、どこまで上がっていけるのか。

楽しみは尽きない!
[PR]

by urutimai1970 | 2010-06-25 09:24 | サッカー

ワールドカップ南アフリカ大会 日本 1-0 カメルーン

夜勤の休憩時間。後半の15分過ぎから観戦。
スコアは「1-0」、日本が勝っている。

そこから試合が終わるまでの30分あまり。
あれほど肝を冷やす30数分間もなかなかない。

攻められて攻められて、守って守って守り抜いて。
凄い試合だった。こういう試合を見たかった。

これからオランダ、デンマークと続くけど、
1次リーグ突破を信じて応援したい。そういう気持ちになれた。

闘う気持ちが見える真剣勝負は、やっぱり燃えますね。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-06-15 09:27 | サッカー

J2第17節 水戸ホーリーホック 1-1 ザスパ草津

勝ちたかったが・・・。

前半から中盤を制圧して水戸を押し込む。
水戸も懸命にこらえる中、コーナーキックから先制。
熊林の蹴ったボールを菊池が頭でコースを変えて御厨。
押して押して押しまくった前半は水戸のシュートをわずか1本に押さえ込んだ。

後半、時間の経過とともにザスパの陣形が間延びし始める。
あちこちに生じたスペースを水戸が突き、再三ピンチを招く展開に。

だから、残り10分を切った最終盤は逃げ切りだけを意識しても良かったのではないか。
「奪って蹴り出せ」まで極端にしなくてもいいけれど。

1点のリードがあり、追加点がなかなか奪えない。
そんな試合展開で、リーグ戦も勝ち星が喉から手が出るほど欲しい状況。
札幌戦、水戸戦と試合内容はグンと上昇の兆しを見せているだけに、
形は何であれ、白星がこの「兆し」を「自信」に化学変化させるはず。
だから、勝ちたかった。もったいなかった。

中断期間をこの順位で過ごすのは辛いけど、
この2戦で得た手応えや、出来なかったことを整理して、
折り返しの反転攻勢を期待したい。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-06-13 16:03 | ザスパ草津2010

【3】群馬の森さわやかマラソン 5km

練習不足ならぬ練習皆無で臨み、
膝を壊しただけで終わってしまった上里町乾武マラソン5kmのリベンジ。
こんどこそはまともに走り切りたい。
必ず自己ベスト!

…というわけで若干気負い気味。
でも会場についてみれば、なんかいい雰囲気。
駐車場が遠いので、刈り取り前の麦畑の中を歩いていって、
気分がどこか牧歌的になっていたせいもあるのかも。

5kmは群馬の森からいきなり一般道に飛び出す形。
烏川の堤防を走っていくのだが一般車両も走ってくる。
完全規制は難しいのかもしれないが、ちょっと驚く。

殆どの車両は最徐行してくれるので危ないとは思わなかったが、
なかに一台だけ結構なスピードのまま突っ込んで来たヤツがいた。
あれは、マナーというか、思いやりの問題だろう。
車両完全規制が理想だけど、
マラソンの列に出くわしたら停まれとは言わないから
せめて徐行くらいしろよ、とは思うねえ。

レースは後半になって我慢比べとなった。
4km付近。さすがにみんな苦しくなってくる辺りだ。
目の前にピンクのランシャツのお姉さんがいた。
彼女をなんとか抜いて前に出る。

ハアハアハア

彼女の息遣いが離れない。くっついて来ているようである。
辛いじゃないか。せっかく前に出たのに抜き返されるのは嫌だ。
踏ん張るしかない。ターゲットを前のおじいちゃんに置いて追いかける。
追いかけると、ピンクシャツお姉さんは離れたようだが、
おじいちゃんが思いのほか粘る粘る粘る。まったく差が詰まらない。
くぁーっ!じいさん速ぇよ!…

でも感謝です。
ピンクシャツのお姉さんが追って来たおかげで終盤にダレずに行けたし、
おじいちゃんの脅威の粘りを追いかけたおかげで自己ベストが更新できた。

次回の目標は…日々コツコツ走りこむこと。
練習は、ウソをつかないなあ。痛感。
__________________________________

しかし…まあ、マラソン大会に参加するような人たちだからかもしれないが、
みんなスタイルいいよなあ。
男も女もスラッとしてて、無駄な肉はなく、付くべきところにいい筋肉が。

マラソン・ジョギング、素晴らしい。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-06-13 11:41 | 走れますか

J2第16節 ザスパ草津 1-1 コンサドーレ札幌

「大塚戦以来じゃねん?」
試合が始まってなお芝生席は埋まり続ける。
メイン・バックの両スタンドはもちろん一杯。
9325プロジェクトついに達成なる(9382人)。
尽力された皆さんには心からおめでとうと申し上げたい。

試合も熱いものになった。
撃ったシュートは実に19本。
前半はラフィーニャ・菊池の前線をロングボールで裏に走らせる。
後半は前田が攻撃に絶妙なアクセントを加えた。
ポゼッションも高まり、札幌を仕留めるまであと一歩まで迫った。

守備陣も奮闘。
田中・有薗のセンターバックの粘り強さは光ったし、
その粘りを引き出したのは前線からの追い回し。これも効いていたと思う。

ただ、ここまで来たら勝ちたかったというのが選手の本音だろうし、
見ていた側としても勝って喝采を叫びたかった。

今季最高レベルのナイスゲーム。スタジアムを埋めた大観衆。
あとは「勝利の草津節」だけ。
でもこういうゲームが続けられるなら大きな夢を抱いたっていいだろう。

しかし、いい試合だった。
[PR]

by urutimai1970 | 2010-06-05 23:30 | ザスパ草津2010