「ほっ」と。キャンペーン

天皇杯本戦へむけて決勝戦

アルテ高崎 6-0 ザスパ草津U-23

惨敗の結果となり、U-23の県代表へのチャレンジは決勝で潰えた。
6失点の完封負けは言い訳のしようもない結果だろう。

ただ挑戦者は挑戦者として夢に挑み、
勝ちたい気持ちをプレーに表して90分を戦った。
試合を終えて挨拶に来た彼らは悔しさを丸出しにしていたが、
いいファイトを見せてもらった。あれが戦う姿というものだ。

勝敗を分けたのは前後半とも喫してしまった立ち上がりの失点。
これに尽きると思われる。

格上が試合開始早々に1点をリードした。後半は開始直後に得点できた。
アルテの選手たちにしてみれば
心理的な余裕は相当なものがあったはず。
トーナメントの一発勝負。「何かの間違い」も命取りになる。
戦うリーグのレベルの違いを見せつけるような圧勝劇になった。

真剣勝負の経験値の差なのか。
県3部とJFL。選手自身ではどうしようもないのだが。
アルテのように高いレベルでの実戦経験はU-23では難しいし。

いや、でもそれは初めからわかっていたこと。
選手もそれを理由とはしないだろう。
天皇杯群馬県代表の座を目指し、真剣勝負を挑み、散ったということ。

アルテ高崎を通じてU-23の現在地を示す指標をまたひとつ得た。
彼我の距離を知った。そして挑戦は続く。
トップばっかり追ってきたけれど、U-23も。そういう気持ちになっている。



そしてアルテ高崎、天皇杯群馬県代表おめでとう。
あなたがたが行く「天皇杯本戦」という舞台を許されなかった
群馬のフットボーラーの夢を感じて一回戦のピッチに立て。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-28 20:06 | ザスパ草津2011

J2第26節 横浜FC 2-0 ザスパ草津

球離れが悪くテンポの生まれないパスワークにミスも絡み、
相手選手のプレスに容易く餌食となる。
ボールを保持しても空色の守備陣形はきれいに整い、
崩しに掛かろうとする端緒、低い位置でのミスが顕著では。
あれで2失点ならツイてたのかもしれない。

攻撃は目を覆うほど悪かったとは思えず、
もうちょっとの場面もいくつか作ったものだが、
あの組み立ての拙さではやっぱり勝てたとは思えない。

湘南戦で見せた「できたこと・やるべきこと」のレベルを上げ、
きっちりとやりきることを猛烈に意識できなければ上なんて無理。
できたりできなかったり、では夢の持ちようもない。

次はすぐ来る。水曜日・徳島。
修正よりも再確認。出来ない選手たちではないはずだ。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-27 23:30 | ザスパ草津2011

つながるの?

正田スタは収容人数10050人。
「J2基準はクリアしてますよ」と。
しかし実際のところ例えていえば
「(やっとギリギリスレスレで)J2基準はクリアしてますよ」。
『大特価!10万円を切って『99800円』!』的な数字でしかない。
だからJ1基準に合わせるためには観客席を増やさねばならない。
いきなり5千人以上増やせればいいのだが、
部分改修で少しでも席数を増やすことも大切かな、と。

とはいえ敷地のこともあって結構苦しげな気もするのだが、
わりと出来そうかな、と考えられるのは
「ゴール裏芝生席にスタンド建設」あたりか。
「大宮公園サッカー場」が「Nack5スタジアム」に変わるとき、
バックスタンドに手を入れられない(すぐ後ろに大宮球場が隣接する)ので、
ゴール裏に大きなスタンドを建てた、あのやり方を正田スタで出来ないか、と。
わりと出来そうではあるが規模は決して小さくない。
少し変な言い方になるが「ちょっとした大改修」になってくる。

そこに加えて考えるといいかなと思うのは
「バックスタンドを繋いでしまう」こと。
バックスタンドの南北をブッツリ分けている巨大な掲揚台のところ。
あそこを繋いでしまうのは、誰でも考えそうなことであるし、
なぜ2005年改修時にあんな形にしてしまったのかが大いに謎だ。

まあ、必ず理由があるのだろうとは思うのでぜひ知りたいところだが、
その理由を知ってもなお「繋げよ」と思ってしまうだろうなあ。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-22 22:53 | ザスパ草津

J2第25節 ザスパ草津 1-0 湘南ベルマーレ

はい、更新しますよ。



雨シトシト。薄ら寒いほど。
ということは、この時期ならではの猛暑で消耗戦ということはないだろう。
90分、ビッシリとガチンコ勝負が見られるかなと期待。

立ち上がりは湘南。相変わらず怖い。
しかし今日の草津は頼もしい。中盤、最終ラインが粘り強く守る。
特に有薗。危ないところには必ず彼がいるのだ。

今季のザスパの最終ラインは様々な組み合わせが試されてきた。
センターバックも然り。御厨、中村、田中、有薗、さらに柳川。
いったいどれがベストなのか。
対戦相手、選手の状態、その他数多の要素を考慮しつつ探る中で、
それでも有薗に与えられたチャンスが少ないように思えてならない。

今季出場9試合で6勝1分2敗。
その中にはFC東京、東京V、鳥栖(アウェイ)の勝利が含まれる。
有薗の危機察知能力が勝利を大きく引き寄せたといってよかろう。
もっともっと出場機会があっていいはず。
彼の活躍を見るたびに、たまにしかその機会が与えられないことに不満が募る。

攻撃は、惜しい場面が多過ぎた。
決めなければいけない場面がいったいいくつあったのだろう。
たくさんの決定機を作れていたことは十分評価に値するとは思うものの、
それだけに「1-0の試合じゃねえだろう」と。

1-0はワンチャンスで追いつかれる。勝ち点が「2」も減ってしまうのだ。
その「危機」からチームを救うゴールを決めて、
最前線のFWたちよ、ヒーローになれ。
「俺がチームを勝たせた」と満天下に示すような一撃を、
中盤の選手たちよ決めてしまえ。
もちろんDFの選手だって、ことによったらGKだって構わない。
勝負を決めて相手の気持ちを折るゴールを奪ってしまえ。

そういうことが出来ない選手たちではないはずだ。
次節横浜FC戦は大きな期待をもって三ツ沢へ行く。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-21 23:30 | ザスパ草津2011

挨拶

うちの職場は挨拶がない。
「ない」は言い過ぎか。
でも馴れ合いが酷くて、挨拶は形骸化もいいところ。

挨拶なんて形だけであったとしても、
最低限の人間関係が保たれればその機能は果たしている。
そういうことならそれでもいいんだが、寂しさは否定できない。
挨拶は形だけでよい、と捉える職場でいい仕事が出来るはずはないんだが。

出先で食べた夕飯。
そこでは高速道路のSAよろしく、
食べ終わった食器は自ら返却口へ運ばねばならない。

「ごちそうさま」と食器を返すと、
向こう側で洗い物に励んでいた店員さんが
「ありがとうございます」の言葉と共に人懐っこい笑顔を向けてくれた。
ごく普通の、ありきたりの味だった夕飯が
その瞬間を境に極上の一食に変わった。
気分よく食事を終えられる幸せ。挨拶が最高のスパイスになった瞬間だった。

挨拶なしに社会生活は成り立たない。
だったら、気持ちよく挨拶した方が温かい気持ちになれる。
挨拶って大切なんだなと、改めて感じた。

ウニクス上里のフードコートのお姉さん、ありがとう。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-16 23:30 | 徒然

天皇杯へ王手

日曜日の準決勝でtonan前橋を倒した草津U-23。
決勝でアルテ高崎に勝てば念願の天皇杯出場を果たすことになる。

アルテを倒す機会が来たのだ。
04年、JFLのときからザスパ草津を見てきたので、
ザスパがアルテに勝ったところを見たことがないのだ。

アルテ高崎、04年当時は群馬FCホリコシ。
この名前にはイヤな記憶しかないなあ。
JFLでは2回とも6連勝中の勢いに乗って対戦し、
前期はやっとのことで引き分けに持ち込み、以後4試合勝ち無し。
後期は1-3完敗、夏の中断をいやな雰囲気で迎えることになった。

その後ザスパ草津はJリーグへ、
群馬FCホリコシは何回か名前を変えながらJFL。
カテゴリーが分かれてしまったため真剣勝負の舞台が7年間なかったのだ。

千載一遇のチャンス到来である。
勝ちたい。どうしても勝ちたい!
アルテ高崎はトップチーム、ザスパ草津はU-23と違いはあるが関係ない。

アルテ高崎を負かして天皇杯へ!28日は赤城山からサカラグへ行くぞ。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-15 22:51 | ザスパ草津2011

お盆

超が付くほど久々に親戚の顔を見た。

面白くもないので部屋を移って熟睡。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-14 23:30 | 徒然

J2第24節 FC東京 1-0 ザスパ草津

暑くて、風が通らなくて、蒸して。
いい印象がない夏の「味の素スタジアム」。
相手を走らせてスタミナを奪い、動けなくなったところで仕留める。
FC東京は、憎らしいほど強かった。したたかだった。
これに付き合わされてしまった草津。とくに後半は見所も作れず。

しかし、有薗。
危険なところを確実に埋めてくれる彼の能力は
格上との対戦でこそ生きるのではないか。
センターバックは高さが大切というのは百も承知だけど、
それでもこの一戦は有薗ではなかったか。

負けてしまったからゆえの結果論ではある。
でも「ああすればよかった」「こうすればよかった」が
試合が終わった瞬間に次々と強烈に思い浮かんでくるというのはどうなのか。

次に切り替えよう。湘南にリベンジだ。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-13 23:30 | ザスパ草津2011

チューナー2台目

諸般の事情によりスカパー!チューナー2台目を契約。
暑さとイライラに爆発しそうになりながらアンテナの方向を合わせ、
16日間無料体験手続きを終え、
いま安堵しつつ「I神戸vs湯郷」のゲームを見ているところ。

神戸ユニバでの試合、大観衆。
このあとの「新潟vsI神戸」はさらに大観衆だったのだ。

ザスパだって・・・選手にこんな試合をさせてあげたい。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-12 19:56 | 徒然

読書の夏

「想像力と数百円」ってコピーがあったっけ。

テレビで対談番組を見たのがきっかけで
有川浩作品を読んでみたらこれが面白い。

「レインツリーの国」から始めて「塩の街」「空の中」の3作品。
細かいことをクドクド並べ立てる必要はない。

とにかく読んでみて欲しい。損はない。
さあ、次は「海の底」だ。

で、3作品を読みながら「ドラマ化するなら配役は?」なんて考えたり。
既に映像化されているのかどうか知らないがゆえの楽しみ方だな。
イメージがバンバン膨らんでくる作品だから
そのイメージを託せる俳優は誰だろうと想像するだけで楽しい。

なんとなく真奈は多部ちゃんかなあ・・・。
[PR]

by urutimai1970 | 2011-08-11 23:56 | 徒然