「ほっ」と。キャンペーン

1月も終わり

しばらく放置していたこの「走れますか?」。
せっつかれ、催促され(同じか)、なんとかほぼ毎日更新することが出来た。
よかった。もうすこしやっていこう。

それにしても気になるのは今日の「ザスパ草津vs日本大学」、トレーニングマッチ。

どんな具合だったのかなあ・・・。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-31 19:50 | 徒然

水槽立ち上げ

丸2年を共に暮らしたベタ(熱帯魚)の「ブランカ」が天に召されて1ヶ月。
また新たなベタを迎えようと思い、水槽を用意している。

今度はひと回り大きく。
土管を大・小2個、蛸壺も入れた。
後々ブロックも入れて遊び道具はたっぷりと。

水草や砂利も、どうしようかな、入れようか。

この準備している今時期は、楽しい。
そして今まで暮らしたベタたちとの日々を経験として生かす。
そこは、やっぱり身が引き締まる。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-30 19:31 | 徒然

大阪国際女子マラソン

識者の分析も聞きたいし、本人のコメントも知りたい。
しかし福士選手の、五輪出場権のかかった選考レースでの失速。
4年前に続いてのあまりにも意外な負けっぷりを見ていると、
頭と体の折り合いってことを感じてしまう(見当違いの可能性は大いにありだが)。

競馬では騎手と馬の折り合いが重要視される。
馬が勝手気ままに走ってしまっては勝てないし、
騎手がその思惑に馬を嵌め込んでも望む結果は出にくいものだ。

騎手は馬の意を汲み、馬は騎手の指示に気持ちを向ける。
そういったコミュニケーションが上手に図れると、
馬の能力は十全に発揮されやすくなり、勝利へ向けて望ましいこととなる。

マラソンのような長距離を走る人にも当て嵌まるんじゃないかな。
以前からそんなことを感じることがあった。

人間の場合、騎手が「頭脳・気持ち」、馬が「肉体・フィジカルコンディション」にあたる。
体調が極めて優れているとき、つい「走ってしまう」ことが多かった。
突っ込んでしまう。そしてオーバーペースに陥る。
動いてしまう、動きたがる肉体を頭脳が御しきれない。
後半はバテバテに失速するのはそんな状態のときに多かった。

今日の福士選手には単純には当て嵌まらないと思う。
しかし彼女は3000~1万mにかけて能力を発揮するスピードの勝ったタイプ。
前半集団の中で軽やかに追走していたようにみえて、
最も能力を発揮しやすい、いや、発揮しやすかった1万mなどのペースに比べれば遅く、
先頭に行ってしまう手もあるにはあったが、4年前の失敗もあって行かず、
結果的に競馬っぽくいうと「引っ張り殺し」た感じなのかなあ、と。
それはやっぱり騎手と馬が、
頭脳と肉体が折り合わなかったんじゃないかなあ、と思うのだ。

競馬の場合、日々のトレーニングで折り合いがつくようになっていく。
人間も、それは可能なはず。福士選手のリベンジを見たいものだ。

それにしても野尻選手はかわいい。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-29 15:51 | スポーツ

特に記すこともない日は

バリバラでも見て過ごすかな。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-27 20:00 | 徒然

やっと3キロ弱

肉離れ、なめてました。

県民マラソンハーフの直後に傷めた右腿裏。
肉離れ、でも軽いし。気になりながらも走ったりして。

しかし、傷めたら無理は禁物だったわけで。
以来2ヶ月半にわたって一進一退、少しよくなるとまた少し悪くなり。

しまいには、意外にも日常生活にも悪影響が出てきた。
思うように走れないイライラがありとあらゆる場面に顔を出した。

とくに仕事の些細なミス、多かったなあ。
些細とはいえ数が酷い。はなはだ迷惑をかけた。

ごめんなさい。すまなかった。

そして今日、いつもの練習コースに。
恐る恐る、祈る気持ちで、トロトロと走ってみる。

痛くない。おお、痛くない!
走れるって、嬉しい。

そんな調子だったので勝田全国は回避しなくてはならなかったが、
3月の「熊谷さくら・ハーフ」「上里乾武・10km」連闘へ仕上げていくぞ。

がんばろう。
完全に忘れていて連闘することになってしまったが。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-26 22:41 | 走れますか

エンディングノート(シネマテークたかさき)

映画ではまず泣かない。
いや、見るたび泣く映画ってあるな。
泣きたいときに見るDVDとかあるし(あるんですよ)。

正確に。「映画館では」まず泣かない。
なぜかどんな作品でも泣いた記憶はないのだが、今日は泣いた。
この作品を、涙なしに見るなんてできるのだろうか。

さっきから綴っては消し、綴っては消し、で、まとまらない。
ことばを捜しながら、胸が詰まってしまって。

シネマテークたかさきで2月3日までやってます。
ぜひ、見てください。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-25 22:46 | 映画DVD

小島貞

戸山師匠に会えたら、ドヤされてしまうのだろうか。
それとも、ずっと見ていたんだろうし、
肩を叩いてねぎらってくれるのかな。

今月に入ってレース面で辛い記事が続く。
オートレース坂井選手の殉職、そして今日の訃報。

それぞれの事情は紙面でしか知りようがないし、
だから何を言うことも憚られるのだが、
それにしても残念なことには違いない。

とにかく生きていこう。
それだけは強く思った。

ご冥福をお祈りします。
雨の府中でぶっちぎったダービーを忘れない。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-24 19:28 | 競馬

46億年の100大ニュース

来月でDVDレコーダーの分割払いが終わる。
録っては消し、録っては消し。VHS時代とはえらい違いだ。
でも、ビデオデッキには長らく世話になった。
思い出深い録画テープもいくつかあった。

そんな中から残したテープの一本が
1991年5月2日、フジテレビで放送された特別番組
「46億年の100大ニュース」である。

嶋大輔と河合美智子が劇中ドラマの主演だったり、
(かなりバブリーな演出で、今見ると引く)
東国原元宮崎県知事が今と比べればかなりフサフサだったり。

テープ自体は2年後(93年)に再放送されたものを3倍速で録画したのだが、
CMに「Jリーグ開催記念試合 ラツィオvs横浜フリューゲルス」なんて流れたり、
出てくる女性出演者がいちいちすごい「肩パット」だったり、時代を感じて面白い。

DVD、そしてブルーレイの時代になった。
こういう懐かしみは、減っていくのだろうか。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-23 19:41 | 徒然

計った

右上53 右下38
左下54 左下38

ここからスタート。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-22 20:25 | 徒然

偉そうに語ったので

まずはメジャーを買ってこよう。
話に説得力がない。
[PR]

by urutimai1970 | 2012-01-21 20:10 | 徒然