負けた気がしねえ

日曜日の、福祉住環境コーディネーター2級試験。

会場入りは、集合時刻の15分前。
季節柄もあるが、足元リラックス、サンダル履き。
自分の席を見つけてどーんと構える。
冷房は、想像よりも適温だ。
バカ冷房対策のアンダー一枚は要らなかったな。

周囲を見渡す。
参考書で最終チェックしていたり、
盛んに深呼吸していたり、
あるいは突っ伏して寝ていたり。
僕は僕で、つまり、「周囲を見渡していた」と。

緊張感はうまいこと高まらず、いいリラックス状態だ。
高校入試以来緊張感を煽られる試験はいくつか受けたが、
今回は全くいい状態、精神面ではベストだ。
直前の勉強状態はワーストだったが、
それはもう取り返しがつかない、どーんと構えときゃいいんだ、どーんと。

快調に問題を解き、ヒラヒラと見直して、1時間で退出。
ものすごく充実感があるのが素晴らしい。
もしかしたら直後に控えた「草津・甲府戦」に対してテンションが上がったのを
試験に対する充実感と取り違えた可能性があるけど、まあいい。
最寄駅でレプユニに着替えて準備万端、勇躍正田スタへ向かったのである。

・・・・・・・・・

そんなわけで、怖くて自己採点ができない。
成績票の発送まで、この件は忘れておくことに決めた。
次はがんばろう。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-07-13 19:57 | 徒然