J2第29節 ザスパ草津 0-1 FC岐阜

B-H北から大旗が消えた。
事前の説明によると
「試合が見えないから旗を振らないでくれ」との申し入れがあり、
今回は実験的に大旗なしで試合に臨むとのこと(と聞こえた)。

B-Hは北と南に分かれており、
北は「応援席」、南は「観戦席」といった位置付けになっている。
その「応援席」たるB-H北において、

試合が見えない 大旗が邪魔だ

そんな声が上がるというのは、
B-Hの北・南の住み分けについてのアナウンスが不十分であることが第一。
それに加えて相当に溜まっている「イライラ」があるのかも知れない。

イライラ。もう4ヶ月にもなるイライラ。
ホームで勝てない。
アウェイで好試合を展開した直後、ホームで不甲斐なさを曝け出す。

岐阜の守備の前にゴールへ向かう姿勢は影を潜め、
セカンドボールはことごとく拾えず、どんどん苦しくなるばかり。

横浜FC戦は何だったんだ、徳島戦のあと叫んだ。
仙台戦は何だったんだ、甲府戦のあと嘆いた。
そして札幌戦は何だったんだ、と悲しくなった。

ホームで勝てないことをチームもサポも意識し過ぎなんだと思うが、
これで12戦未勝利となると意識するなという方が無理な話。
だからいっそこれを「いいチャンスだ」と考えてみよう。

勝たなくてはいけない試合は、今後必ずやって来る。
J1昇格を睨み、勝利以外絶対に許されない場面がいずれ必ずあるはずだ。

勝利以外は認めない雰囲気。
まあJ1昇格がかかった「勝利しかない!」と、
現状の11試合ホーム未勝利を受けての「勝利しかない!」では
たしかに緊迫度合が違うだろう。それは百も承知。
ただ、こういう不甲斐ない結果を背負って、
チームもサポも「勝利しか求めない」空気の中で戦って、
ひとつ勝利を掴めれば、また違った視界が開けてくるかもしれない。
それを信じていくしかないのかな、と、自分を納得させることにした。

「諦めたら…」
某漫画の有名なあの言葉を噛みしめ噛みしめ栃木戦に臨もう。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-07-22 23:30 | ザスパ草津