アジアカップ3位決定戦 日本 2-3 北朝鮮

何を焦っているんだ、というほど前にいってパスが繋がらない日本。
一方、小憎らしいほどポンポンとダイレクトプレーが繋がる北朝鮮。
攻めあぐねた日本をあざ笑うようにファーストチャンスで先制され、
以後前半で北朝鮮に喰らった3失点は痛かったが、
「やられた!でも次!」と切り替えられるものでもあった気はする。
前半のうちに安藤の押し込みで1点を返せたのもよかったし。

しかし北朝鮮ゴールに迫るほど精度が格段に落ちてはなあ。
終盤再三のフリーキック、コーナーキックで北朝鮮を脅かすもそこまで。
交替カードも安藤→大谷→阪口というのもよくわからないし。
「強い北朝鮮を超えるのはやっぱりタイヘンだ」というのを見せ付けられた90分だった。
切り替えるのはタイヘンかもしれないがワールドカップの道が途絶えたわけじゃない。
北中米カリブ海地区3位とのプレーオフを制すればいいのだ。
がんばれ、なでしこ!

しかし…。
ザスパ草津(vs柏レイソル)。
ハーツクライ号(キングジョージ:vsハリケーンラン、エレクトロキューショニスト)。
そしてなでしこジャパン(vs北朝鮮)。

応援してて「あとちょっとで勝てず」ばっかりだとさすがに凹むなあ…。
[PR]

by urutimai1970 | 2006-07-30 16:53 | 女子サッカー