J2第26節 ベガルタ仙台 1-1 ザスパ草津

小池、氏原、高田。
サブにずらりと並べられたFWの名前。
攻めるのか、守るのか。
ピッチ上の意思統一の不十分さを突かれたのが前節。
今回は出場登録メンバーを一瞥するだけでメッセージを感じた。

攻めるんだ。点を取れ。

事実、ザスパはよく戦った。
新生ユアスタを待ちわびたサポーターの声を追い風に
疾風怒濤の攻撃を繰り広げるベガルタに対し、
ここまでしつこいほどこだわってきたポゼッションサッカーを展開する。

サイドをえぐる。中へ、ウラへと侵入する。
ダメならサイドを変えて組み立て直す。
加えて今日はアクセントにタテのボールを織り込んだ。
繋ぐ。パスを回す。侵入する。そこへタテ一本もある。
過去未勝利のベガルタに対して真っ向勝負を挑む。
そしてそれは通用した。手に汗握る攻防、前半は瞬く間だった。

後半、アクセントになっていたタテ一本が都倉へ通った。
エリア内、都倉の後ろになってしまったエリゼウは手が出せない。
角度こそなかったが、事実上のGK林との一対一を冷静に決めて先制。

ここからがタイヘン。今季まだ「1-0勝ち」がないザスパにとって長い後半になった。
一発ビンタでも喰らったかのように、気合いを入れなおしたベガルタが豹変。
徐々に押し込まれ始め、ハーフウェーラインを越えられなくなってくる。
クルクルとパスを回すベガルタに対しザスパ守備陣も奮闘するのだが、
ハイプレッシャーの中、繋ぎには精度が足りない。
梁に決められたフリーキック。そのきっかけもエリア近くでのパスカットからだった。

それでもザスパはベンチのFW3人を全てピッチへ送り込む。
本職に戻った小池、怪我明けの高田、さらに長期離脱から復帰の氏原。

攻めるのだ。点を取れ。
____________________________________

1-0で勝った経験があれば、また結果も違ったかもしれない。
またその大きな経験値を得るビッグチャンスがこの仙台戦だったともいえる。
ドローで終わってしまったことは極めて残念だったが、
何かストンと腑に落ちたような感じがしている。

これが、今季のザスパのスタイルなんだな、と。

ボールを回し、人も動いて、相手を崩しゴールを奪うポゼッションサッカー。
1点奪ったら即座に2点目、3点目を目指していく。
そのためにピッチの11人が有機的に連動する。

目指す頂は険しいが、その道を選んだ以上突き進むしかない。
突き進んだその先には必ずや光があるはず。
今日の戦いからはそれが存分に感じられた。

週末の甲府戦が、今から楽しみで仕方がない。
[PR]

by urutimai1970 | 2009-07-08 23:30 | ザスパ草津